ホーム > 支持力性能 > 鉛直方向の認定内容と引抜き方向の評定内容の比較

支持力性能

  • 許容鉛直支持力
  • 許容引抜き支持力
  • 水平支持力
  • 参考資料

鉛直方向の認定内容と引抜き方向の評定内容の比較

「引抜き方向の許容支持力」では、鉛直方向の認定と一部内容が異なります。
ここでは、その内容を比較表としてまとめましたので、ご検討するにあたり参考にしてご活用ください。

項目 鉛直支持力の内容 引抜き支持力の内容
番号 認定番号・評定番号 TACP-0165(砂質地盤)
TACP-0166(粘土質地盤)
TACP-0167(礫質地盤)
CBL FP004-08
(砂質地盤)
(粘土質地盤)
(礫質地盤)
仕様 杭本体径(mm) 114.3〜355.6 同左
先端羽根部径(mm) 250〜700 同左
算定式 各支持力係数
杭先端N値の評価方法 上方1D、下方1Dの平均値 同左
杭先端の有効断面積(mm2 Ap=(D2・π)/4 同左
杭の周面の長さ Ψ=π×D 同左
地盤 先端地盤種別 砂質地盤、粘土質地盤、礫質地盤 同左
杭周面地盤種別 砂質地盤及び粘土質地盤 同左
施工深さ 砂質地盤の最大施工深さ(m) 27.0 同左
粘土質地盤の最大施工深さ(m) 25.0 同左
礫質地盤の最大施工深さ(m) 30.0 同左
最小施工深さ(m) 2.0 3.0
その他 継手の種類 CCジョイント、AKジョイント、溶接 CCジョイント、AKジョイント、溶接
周面摩擦を考慮しない区間 杭先端部 杭頭から2.5m、
先端羽根ストローク

※上記比較表の内容以外にも、引抜き支持力算定の際には細かい注意点があります。引抜き方向の支持力を算定する場合には、当社営業担当にご相談ください。

このページの上部へ

引抜き力の算定例

引抜き力の算定例については、下記よりPDFをダウンロードしてご覧ください。

引抜き力の算定例(PDF:458KB)

お問い合わせ・資料請求

メールでお問い合わせ
カタログ請求、その他ATTコラムに関する
些細なご質問でも、お気軽にお問い合わせ下さい。

メールでお問い合わせ

電話でお問い合わせ
貴社のお近くの営業所の電話番号をご案内いたします。
お気軽にお問い合わせ下さい。

貴社担当営業所のご案内

資料ダウンロード
ここでしか手に入らない、ATTコラムに関する
資料はこちらからダウンロードください。

いますぐ資料ダウンロード

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。(無料)
左のアイコンをクリックして、Adobe社のウェブサイトにて入手してください。

このページの上部へ



サイトマップを開く