ホーム > 施工管理

施工管理

施工管理

ATTコラムは地盤調査データを基に施工状況を総合的に判断しながら、認定で定められた管理項目に基づいて施工管理を行います。

ATTコラム(アットコラム)工法の施工管理

ATTコラム工法の施工管理のポイント

ATTコラム工法は、セメントミルクと原地盤を撹拌したコラム体と羽根付き鋼管を組み合わせたハイブリッド工法です。支持力発現の重要な要素であるコラムに関しては、地盤調査結果を基に、事前にその土質にあった配合計画を立てて、現場では比重の確認や、施工管理装置による施工深度・施工速度・セメントミルク流量の確認を行います。出来形管理として、モールドコアを採取し、一軸圧縮強度を確認して、良質なコラムが築造されていることを確認します。

工程の概要

①攪拌混合装置を施工位置に移動し、杭心をあわせて鉛直性を確認する。 ②セメントミルクを吐出しながら地盤と攪拌混合しコラムを築造する。 ③コラムの築造完了。 ④攪拌混合装置を取り外し、鋼管埋設用キャップを装着し、羽根付き鋼管を建て込む。 ⑤羽根付き鋼管の杭心を合わせ、鉛直性を確認する。 ⑥羽根付き鋼管を回転させながらコラム中に所定深度まで埋設する。 ⑦羽根付き鋼管の杭頭レベルを確認してATTコラムの施工完了。

ATTコラム工法の施工管理装置

ATTコラム工法では、コラム築造時に施工機械に搭載している施工管理装置にて記録します。主な記録内容は、施工日、杭番号、施工深度、施工速度、トルク、セメントミルクの瞬時流量・積算流量です。試験杭時、記録したデータは管理装置に併設するプリンターからリアルタイムに印刷し、元請様、工事監理者様等の関係者に提示し、適正な施工が行われていることを報告します。

ATTコラム工法の施工管理

施工後の確認

築造したコラムからモールドコアを採取し、一軸圧縮試験を行い強度を確認します。コラムの強度が発現しているかを出来形管理します。

お問い合わせ・資料請求

メールでお問い合わせ
カタログ請求、その他ATTコラムに関する
些細なご質問でも、お気軽にお問い合わせ下さい。

メールでお問い合わせ

電話でお問い合わせ
貴社のお近くの営業所の電話番号をご案内いたします。
お気軽にお問い合わせ下さい。

貴社担当営業所のご案内

資料ダウンロード
ここでしか手に入らない、ATTコラムに関する
資料はこちらからダウンロードください。

いますぐ資料ダウンロード

このページの上部へ



サイトマップを開く