人に、街に、地球に調和する、環境に優しい鋼管杭工法「EAZET(イーゼット)」

EAZET旭化成建材株式会社

  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

EAZET土木版サイトへ

建築版ホーム施工と施工機械 > 近接施工 > 近接施工のポイント

近接施工のポイント

EAZET工法は狭隘地施工、増改築工事などで威力を発揮する杭工法です。小型の施工機械による省スペース施工をプラント設備を使用することなく行うことが可能です。そういった場合の工事はほとんどが近接施工(きんせつせこう)となりますが、EAZETの近接施工におけるポイントを考えてみます。

※周辺地盤への影響につきましては、下記ページをご覧ください。

施工間口について

施工間口としては標準タイプ施工機械で約5m程度あれば工事が可能となります。それを下回る場合には杭芯位置の制限が発生します。また標準タイプより小型なMタイプ施工機械での工事を検討することが必要です。

拡大する

施工間口(3m程度)

杭芯位置について

EAZET施工機械の構造上、杭芯と近接建物、近接物との距離は500mm以上は離すことが必要となります。間口が5mを下回る場合などは、それ以上の離隔が必要で詳しい現場調査をお勧めします。

地中障害物の確認

近接施工の場合は、近接建物の基礎などをあらかじめ調査することをお勧めします。それ以外にも地中埋設物(水道管、電線など)が障害となることもあり、注意が必要です。

地中障害物の確認

上空制限

屋内施工、高圧電線直下、鉄道高架下など上空制限のある計画では、杭打設部での入念な上空調査を行います。EAZET短尺施工機械での対応もこの調査によるものです。

上空制限施工(9mリーダー)

上空制限施工(4.2mリーダー)

お問い合わせ・資料請求

■メールフォームでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
■お電話でのお問い合わせ
各営業拠点によってお電話番号が異なります。お近くの営業所をご紹介いたします

建築版ホーム施工と施工機械 > 近接施工 > 近接施工のポイント