EAZET(鉛直支持力)

1994年に初めて建設大臣認定(当時)を取得して以来、累計の採用実績数は40,000件を超えるイーゼット工法。
砂質地盤、粘土質地盤のそれぞれにおいて、経済的な杭施工をご提案いたします。

砂質地盤認定(TACP-0398)

1. 地盤の許容支持力及び適用範囲

地盤の許容支持力及び適用範囲
(1) 地盤の許容支持力

本工法により施工される基礎ぐいの許容支持力を定める際に求める長期並びに短期に生ずる力に対する地盤の許容支持力を以下に示す。

砂質地盤の許容支持力
砂質地盤の許容支持力2
砂質地盤の許容支持力3
(2) 適用範囲
1) 適用する地盤の種類
  • 基礎ぐいの先端付近の地盤の種類:砂質地盤(質地盤を含む)
  • 基礎ぐいの周囲の地盤の種類:砂質地盤、粘土質地盤
2) 最大施工深さ
最大施工深さは表1-1の値とする。
なお、最大施工深さは施工地盤面から杭先端位置までの深さとする。

表1-1 先端砂質地盤(質地盤を含む)の
最大施工深さ(m)

先端砂質地盤(礫質地盤を含む)の最大施工深さ(m)
3) 適用する建築物の規模
延べ面積が500,000㎡以下の建築物

粘土質地盤認定(TACP-0353)

1. 地盤の許容支持力及び適用範囲

粘土質地盤の許容支持力及び適用範囲
(1) 地盤の許容支持力

本工法により施工される基礎ぐいの許容支持力を定める際に求める長期並びに短期に生ずる力に対する地盤の許容支持力を以下に示す。

粘土質地盤の許容支持力
粘土質地盤の許容支持力2
粘土質地盤の許容支持力3
(2) 適用範囲
1) 適用する地盤の種類
  • 基礎ぐいの先端付近の地盤の種類:粘土質地盤
  • 基礎ぐいの周囲の地盤の種類:砂質地盤、粘土質地盤
2) 最大施工深さ
最大施工深さは表1-2の値とする。
なお、最大施工深さは施工地盤面から杭先端位置までの深さとする。

表1-2 先端粘土質地盤の最大施工深さ(m)

先端粘土質地盤の最大施工深さ(m)
3) 適用する建築物の規模
延べ面積が500,000㎡以下の建築物

イーゼット鉛直支持力一覧表

地盤から決まる長期許容鉛直支持力(kN)

イーゼットの杭種別押込み支持力一覧
  • 注意:周面摩擦力は含まれておりません。
  • 注意:地区ごとに採用している先端羽根部径種類が異なります。
  • 注意:本表は地盤から決まる許容支持力を記載しております。杭材から決まる許容支持力もご確認ください。

杭材から決まる許容鉛直支持力

杭材から決まる許容鉛直支持力は以下の計算式で計算されます。

杭材から決まる許容鉛直支持力1
杭材から決まる許容鉛直支持力2

●STK400材
杭材から決まる長期許容鉛直支持力(kN)

STK400材
  • ※使用可能な杭仕様は、地区により異なります。

●STK490材
杭材から決まる長期許容鉛直支持力(kN)

STK490材

●SEAH590材
杭材から決まる長期許容鉛直支持力(kN)

SEAH590材
  • ※SEAH590は、国土交通大臣認定(MSTL-0419)
    を取得し、JISQ1000にもとづいてJISG3474
    (STKT590)の要求事項に適合していることを「自己適合宣言」した製品です。
TOP