人に、街に、地球に調和する、環境に優しい鋼管杭工法「EAZET(イーゼット)」

EAZET旭化成建材株式会社

  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

EAZET土木版サイトへ

建築版ホーム製品基本情報 > EAZET-II > 特長

特長(押込み方向) EAZET-II

経済的な杭基礎提案を可能にしたEAZET-II(イーゼット・ツー)

EAZET-II(イーゼット・ツー)は、EAZET工法の基本性能をそのままに、より幅広い地盤での効率的な支持力発現を可能にする杭工法です。
杭側面に取付けられたらせん状の部材により、粘性土、砂質土それぞれで高い周面摩擦力を発揮、経済的な杭基礎提案が可能です。
杭先端地盤の平均N値5〜20程度の地盤にとくに適した工法です。

杭種類と設計諸数値(押込み方向の場合)

本体部径
Do(mm)
114.3 139.8 165.2 190.7 216.3 267.4
先端羽根部径
D(mm)
250 300 350 400 450 500
中間羽根部径
D(mm)
250 300 350 400 450 500
杭先端平面積
AD(m2
0.0491 0.0707 0.0962 0.1257 0.1590 0.1964
杭先端有効平面積
Ap(m2
0.0245 0.0353 0.0481 0.0628 0.0795 0.0982
羽根部の周長
ψ(m)
0.785 0.942 1.100 1.257 1.414 1.571
最小杭実長
(m)
3 3 4 4 5 5
最大杭実長
(m)
12 15 18 21 23 29

地盤から決まる長期許容鉛直支持力の算定式

SI単位で表記しています。

算定式

Ra:
杭の長期許容鉛直支持力(kN)
α:
先端支持力係数(α=30)
N
杭先端より下方に1D、上方に1D間の地盤の平均N
ただし、平均N値は5以上50以下とし、50を超える場合は50とする。
Dw:
杭先端羽根部径(m2
Ap:
杭先端有効平面積(m2
Ap=AD・e
e:
有効面積率(e=0.5)
AD:
杭先端平面積(m2
τsi:
砂質土層のi層目の杭周面摩擦応力度(kN/m2
1≦Nsi<8のとき τsi=12.56kN/m2
Nsi≧8のとき τsi=1.57Nsi
ただし、τsi≦49.05kN/m2
Nsi:
i層目の砂質土層の平均N
Lsi:
砂質土層のi層目に接する杭の長さ(m)
m:
摩擦を考慮する砂質土層の数
τsi:
粘性土層のj層目の杭周面摩擦応力度(kN/m2
τsi=3.04Ncj+6.28
ただし、τsi≦49.05kN/m2
Ncj:
j層目の粘性土層の平均N
Lcj:
粘性土層のj層目に接する杭の長さ(m)
n:
摩擦を考慮する粘性土層の数
ψ:
羽根の周長(m) ψ=π・Dw

EAZET-IIの押込み方向の支持力算定例

参考ボーリングデータ

設定条件

杭先端深さ GL-11.2m
杭天端 GL-1.2m
杭長(m) L=10
先端地盤N値 15
先端地盤土質 砂質土

杭周面摩擦力の算定

  • 1.砂質土 1≦Nsi<8のとき、τsi=12.56
    Nsi≧8のとき、τsi=1.57Nsi
深度(m) 土質 層厚(m) 平均N値 τs(kN/m2)(t/m2
6.8-10.5 砂質土 3.7 11.5 18.05(1.84)
  • 2.粘性土 τsi=3.04Ncj+6.28
深度(m) 土質 層厚(m) 平均N値 τs(kN/m2)(t/m2
2.4−5.1 ローム 2.7 3 15.4(1.57)
5.1−6.8 砂混じり シルト 1.7 6.5 26(2.65)

各杭径での許容支持力(押込み方向の場合)

杭本体径(mm) 先端支持力 周面摩擦力 長期許容支持力
(kN/本) (t/本) (kN/本) (t/本) (kN/本) (t/本)
114.3 36.10 3.68 39.93 4.07 76.03 7.75
139.8 51.99 5.30 47.97 4.89 99.96 10.19
165.2 70.83 7.22 55.92 5.70 126.75 12.92
190.7 92.41 9.42 63.96 6.52 156.37 15.94
216.3 117.03 11.93 71.90 7.33 188.93 19.26
267.4 144.50 14.73 79.95 8.15 224.45 22.88

EAZET-IIの杭材料

施工状況

お問い合わせ・資料請求

■メールフォームでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
■お電話でのお問い合わせ
各営業拠点によってお電話番号が異なります。お近くの営業所をご紹介いたします

建築版ホーム製品基本情報 > EAZET-II > 特徴