環境特性

Q1 ヘーベルにはアスベスト(石綿)が入っていますか?

A ヘーベルはゼロアスベスト製品です。
当社が製造販売するALC製品(ヘーベル、ヘーベルライト、ヘーベルパワーボード等)には、アスベストを含有する原材料を使用していませんので、安心してご採用いただけます。
アスベストは、天然に産する繊維状けい酸塩鉱物です。耐久性、耐熱性、耐薬品性などの特性にすぐれる上、安価であるため建設資材、電気製品、自動車などさまざまな用途に使用されてきましたが、平成16年10月1日に改正施行された労働安全衛生法により、一部のアスベスト製品の製造、輸入が禁止されました。
※製造、輸入禁止となったアスベスト含有製品(建設資材)
(1)石綿セメント円筒 (2)押出成形セメント板 (3)住宅屋根用化粧スレート (4)繊維強化セメント板 (5)窯業系サイディング


Q2 ヘーベルはシックハウス規制対象ですか?……「製品・物性」のQ5と同じ質問です。

A 平成15年7月1日よりシックハウス対策として、建築基準法第28条の2に基づくクロルピリホスおよびホルムアルデヒドに関する告示(平成14年国土交通省告示第1112号〜1115号)が施行されました。この中の1113号告示にALCパネルは限定 列挙されていませんので告示(規制)対象外の建材です。
したがって、ALCパネルには特別な表示も行っておりません。また、使用面積の規制を受ける事なく外壁、間仕切、屋根、床にご使用いただけます。
ALC協会発行の資料もご参照ください。(「ALCは告示対象外であること」をお知らせした文書です。)
ALC協会発行文書
(PDF:244KB)


Q3 ヘーベルはリサイクルできますか?また、廃棄する場合はどうすればよいのでしょうか?

A ヘーベルはリサイクルが可能な建材です。リサイクルの方法には「広域認定制度」によりヘーベルの原料として再生利用する方法と 「セメントリサイクルシステム」によりセメント原料や屋上緑化用軽量人工土壌の原料に再利用する方法があります。詳しくはリサイクルのページをご覧ください。
建築現場から排出されるヘーベル端材の廃棄物としての分類は「がれき類(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたコンクリートの破片その他これに類する不要物)」です。完全に無機質で腐敗したり有害な成分が溶出する恐れはないので、安定型の処分場に埋立て処分することが可能です。


Q4 炭酸ガス(CO2)などの酸性ガスの発生のある場所に使用して問題はないですか?

A 炭酸ガスや塩素ガスなどの酸性ガスが高濃度となる雰囲気(醸造工場の発酵室、メッキ工場、自動車道のトンネル内など)にさらされると、ヘーベルにひび割れが発生することがあります。高濃度の酸性ガスが発生する場所でのヘーベルの使用は避けてください。


Q5 常時高温(50℃を超える)または高湿の場所に使用することは問題はありませんか?

A
(1) ヘーベルは温度が上昇していくと膨張しますが、50℃を過ぎると収縮に転じます。このため常時50℃を超える環境にさらされるとパネルの表面に微細な亀裂が発生する可能性があります。ゴミ焼却場や鋳物工場、ボイラー室などの建物では設計に十分な配慮が必要です。パネルの表面が50℃以下になるよう断熱材などをご検討ください。
(2) 温水プールなど常時高湿となる環境下で使用すると、結露によりパネルが吸水して断熱性を損なったり凍害が発生したりすることがあります。高湿となる室内側に防湿層、防水層を設け、パネルへの水分の侵入を防ぐこと、また換気により高湿空気を排除することなどの配慮をお願いします。


Get ADOBE READER PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。(無料)
Adobe Readerのダウンロードページ