仕上げ・防水

Q1 ヘーベルパネルで、目地消しはできませんか?

A 目地消し仕上げはできません。(適していないと考えています)
地震などの振動や環境要因による建物自体やパネルの膨張収縮で、目地部にひび割れが発生します。また、パネル表面と目地部との水分の吸い込み程度の違いにより、年数が経つと塗装の色合いが目地部とパネル表面で変わってくることがあるためです。


Q2 ヘーベル壁面に看板を取付けたいのですがどのようにすれば良いのでしょうか?

A ヘーベルに看板等の重量物を直接取り付けることはできません。躯体から支持してください。
あと施工アンカー等での引抜きおよびせん断強度の例を右表に示します。ご使用にあたってはこれらの強度を参考に十分な安全率を見込んでご採用下さいますようお願いします。

画像をクリックすると大きくなります。(PDFデータです)
主要なあと施工アンカー


Q3 外壁のパラペット部は二重壁タイプにする必要がありますか?シングルタイプのパラペットとする場合の屋根防水に関する注意事項としてはどのようなものがありますか?構法別に教えて下さい。

A
HDR構法、ロッキンウォールではシングルタイプのパラペットでも可能です。
屋根防水はアスファルト、シート防水ともに可能です。(目地部に増張りを行う等の一般的な補強が必要です。防水工法の種類により納まりが異なりますので防水メーカーにご確認ください。)
スウェイウォールの場合は二重壁タイプが好ましいですが、パラペットのみを独立させて固定する取付(納まり)ならばシングルタイプでも可能です。


Get ADOBE READER PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。(無料)
Adobe Readerのダウンロードページ