間仕切

Q1 ヘーベル間仕切壁の各構法は、建築工事標準仕様書において何種に該当しますか?

A 公共建築工事標準仕様書(建築工事編)平成25年度版「国土交通省大臣官房官庁営繕部監修」では下表になります。

区分 平成25年度版 ヘーベル構法
公共建築工事標準仕様書
種別 構法
外壁 A種 縦壁ロッキング構法 縦壁HDR構法
ロッキンウォール
B種 横壁アンカー構法 横壁ボルト止め構法
横壁HDR構法
間仕切 C種 縦壁ロッキング構法 縦壁HDR構法
ロッキンウォール
RFピン構法
D種 横壁アンカー構法 横壁ボルト止め構法
横壁HDR構法
E種 縦壁フットプレート構法 フットプレート構法
Lプレート構法
屋根・床 F種 敷設筋構法 敷設筋構法

<平成22年度版からの変更点>
  ・「工法」→「構法」になりました。
  ・外壁 : 縦使いスライドは削除
横使いボルト留め→横壁アンカー構法へ名称変更
A種=縦壁ロッキング、B種=横壁アンカーの2種類となりました。
  ・間仕切 : アンカー筋構法は削除
C種=縦壁ロッキング、D種=横壁アンカー、E種=縦壁フットプレートの3種類となりました。


Q2 Lプレートを100mm程度の立上がり高さがある場合に使用してもよいですか?

A 取り付けに銃砲ピンを使用するため、基礎コンクリートの割れが発生し、取付け強度が得られない場合が発生します。よって、立上がりのあるところに使用することはできません。


Q3 下部Lプレート、上部イナズマプレートの納まりはOKですか?

A スライド構法として、上部を溶接せずにスライドできるイナズマ金物(回転防止用のカットネイルの穴の空いたもの)を使用して納めればOKです。(パネルを一体化させるため、パネル相互の長辺目地に目地接着材を充填してください。)


Q4 住戸の界壁にヘーベルを使用したいのですがどのような仕様にすればよいのでしょうか?

A ALCと他材料の組合せで、5種類の界壁遮音認定を取得しています。
ヘーベルオリジナルの高性能耐火遮音間仕切システム「ノイザラス」もご検討ください。

遮音認定番号の一覧は遮音構造をご参照ください。