厚さ表・施工について

ネオマジュピーで等級4にするために必要な厚さ(充填断熱工法)

ネオマジュピーの必要厚さは、「断熱材の熱抵抗の基準値」(R値基準)から、求めることができます。※1

必要厚さ[m]=R値基準[(m2・K)/W]×0.020[W/(m・K)](ネオマジュピーの熱伝導率)

表
図

※1 国土交通省告示 第1347号 評価方法基準 5-1 断熱等性能等級4仕様基準による。 断熱材の熱抵抗の基準による場合は、開口部比率の規定への適合が必要です。
住宅全体を等級4に適合させるには、開口部や他の部位もそれぞれの基準に適合させる必要があります。

※2 1枚で対応する厚さのネオマジュピーがありませんので、2枚組合せてください。

施工について

ネオマジュピーはフロア材に密着するように施工してください。

根太間の施工

根太間の施工

根太せいがネオマジュピーの厚さより高い場合は、別売りのピン等を使用してください。

大引間の施工(つなぎ材なし 長辺1820mmの場合)

大引間の施工
(つなぎ材なし
長辺1820mmの場合)

ピンは長辺方向については、4箇所に設置します。
短辺方向は、土台や大引がある場合、中央部に設置します。

大引間の施工(つなぎ材あり 長辺819mm,864mmの場合)

大引間の施工
(つなぎ材あり 長辺819mm,
864mmの場合)

ピンは長辺方向については、2箇所に設置します。
短辺方向は中央部に設置します。

設計・施工上の注意
  • ネオマジュピーの施工にあたっては踏み抜き防止など、安全対策を十分にとってから行ってください。
  • ネオマジュピーは床充填専用断熱材として開発された製品です。
    床以外の屋根・壁・基礎部位等には使用しないでください。(※防耐火構造の認定は取得しておりません。)