• ネオマフォームとは
  • 製品ラインナップ
  • 木造住宅用途
  • 鉄骨造・RC造用途
  • 産業資材用途
  • よくあるご質問

旭化成の断熱材 ホーム > ネオマフォーム > 鉄骨造・RC造用途 > ネオマフォームFS


ネオマフォームFS 防火・不燃・金属外装

製品規格

ネオマフォームFSの製品規格

ネオマフォーム35mm、50mm品を追加しました。

構成
断熱材 複合材料
ネオマフォーム
JIS A 9521フェノールフォーム断熱材1種2号CU
JIS A 9511A種フェノールフォーム保温板1種2号
石膏ボード12.5mm

品番 厚さ(mm) 幅×長さ
(mm)
重量※1
(kg/m²)
熱抵抗※2
[(m²・K)/W]
ネオマフォーム 総厚
FS-20 20 32.5 910×1820 9.2 1.0
FS-25 25 37.5 9.4 1.3
FS-30 30 42.5 9.5 1.5
FS-35 35 47.5 9.6 1.8
FS-50 50 62.5 10.0 2.5

壁の断熱性能計算例

(石膏ボードの熱抵抗を加味した計算)

品番 熱貫流率※3
[W/(m²・K)]
FS-20 0.83
FS-25 0.69
FS-30 0.59
FS-35 0.51
FS-50 0.37

※1
 標準的な重量を示しています。
※2
 ネオマフォーム単体(複合材料の断熱性能を含まない)の断熱性としています。
※3
 壁体はネオマフォーム及び石膏ボードのみで構成されているものとし、かつ以下の数値を用いて算定しています。
石膏ボード熱伝導率:[0.22W/(m・K)]、石膏ボードの熱抵抗[(m2・K)/W]:0.05、
室内側熱伝達抵抗:0.11[(m2・K)/W]、室外側熱伝達抵抗:0.04[(m2・K)/W]

特徴

金属外装材との組み合わせで、準耐火建築物(ロ準耐2)対応


結露防止・躯体の耐久性向上

外張り断熱で結露防止・躯体の耐久性向上。
ネオマフォームの高性能で省エネにも貢献します。

【計算条件】

■温湿度条件
室外:温度−4.7℃(5.6地域想定)
室内:温度15℃、湿度50%(露点温度4.7℃)
■仕様
ネオマフォームFS t=32.5
(ネオマフォーム t=20、普通石膏ボード 12.5mm)
※金属外装材はシミュレーション上ほぼ影響を及ぼさない為、省略。
■使用ソフト
INSYS 2次元伝熱・結露計算システム ver2.1.1(且R内設計室)

高いデザイン性

外装材に様々な形状、色のスパンドレル、角波鉄板が使用可能。建築の意匠性を高めます。

※適用金属外装の詳細については、防火構造認定書を参照ください。

内装あらわし

室内側が石膏ボードなのであらわしが可能。不燃材料認定品のため、内装制限にも対応できます。

仕様の概要

仕様の概要(PC030NE-0121)

  • ネオマフォームFSは、ネオマフォームと石膏ボードの複合品です。
    ※ネオマフォームと石膏ボードを別々に施工すると不燃材料認定品にはなりません。
  • ネオマフォームFSは、ネオマフォーム側を屋外側(石膏ボード側を室内側)になるように胴縁に取りつけてください。
  • ネオマフォームFSは、L-25以上、φ3.5以上のビスで幅方向@455以下、長さ方向胴縁ピッチ以下で固定してください。
  • スパンドレル型鋼板の取付は、ネオマスパンビスIIをご使用ください。
  • 胴縁は−100×50×20×2.3以上とし、@910以下とします。
  • 胴縁の耐火被覆は不要です。
  • 外観上ネオマフォームFSの室内側板間に金属製T型ジョイナーの設置を推奨します。

アルミ外装は防火認定対象外となります。
認定内容の詳細については、防火構造認定書にてご確認ください。

※詳しい施工方法については、お問い合わせください。