ネオマフォームの特長

高い断熱性

最高レベルの断熱性能 熱伝導率(λ)は0.020W/(m・K)。ネオマフォームの気泡構造は100ミクロン以下という極微細。
断熱性能の高さは、この気泡の細かさにあります。
熱伝導率(λ):熱の伝わりやすさの値であり、値が小さいほど熱を伝えにくい。
(1m厚の材料をはさんで両側に1℃の温度差があるとき、1時間に通過する熱量。)

気泡構造写真

ネオマフォーム
押出発砲ポリスチレン(参考)
硬質ウレタンフォーム(参考)

気泡の違いによる熱伝導概念図

気泡の大きさによる熱の伝わり方
(イメージ図)

ネオマフォーム

気泡が小さい=断熱性能が良い

気泡の大きい製品

気泡が大きい=断熱性能が悪い

断熱材同性能厚さ比較例

独立気泡膜写真(独立気泡94~95%)

断熱性能維持

94~95%の独立気泡率とガスバリア性の高いセル膜によって経時変化が極めて小さく、高い断熱性能を
維持します。

空気と断熱ガスの置換イメージ図(製造後1000日以上経過時を想定)
空気と断熱ガスの置換イメージ図(製造後1000日以上経過時を想定)

熱伝導率の経時変化実測(23℃での初期値を起点とした熱伝導率の経時変化)

ノンフロン

フロン系ガスを一切使用せず「炭化水素」で発泡させた地球環境に優しいノンフロン製品です。

グリーン購入法適合商品

リサイクル

サーマルリサイクルとともにフェノール樹脂発泡体では難しいとされていたマテリアルリサイクルを実施しています。

グリーン購入法適合商品

不燃性

ネオマフォームをコア材にしたコンポジットで各種の不燃認定を取得しています。

耐熱性

使用条件で使用可能範囲が異なりますので、ご相談ください。
発泡体の中で最高レベルの耐熱性があります。

安心・安全

ネオマフォームは、炎をあてても炭化するだけで燃え拡がりません。 しかもガスの発生量が少ないです。

燃焼性比較実験

(当社にて各断熱材厚み25ミリ品に1分間トーチバーナーで放射実験を実施)

燃焼性比較実験(着火40秒後)
ネオマフォーム
ネオマフォーム
他素材
他素材

ネオマフォーム

表面材に着火しますが裏面には達せず、発生ガスも極めて少ない。

他素材の例

素材は炎上溶解し、黒煙が大量に発生する。