• ネオマフォームとは
  • 製品ラインナップ
  • 木造住宅用途
  • 鉄骨造・RC造用途
  • 産業資材用途
  • よくあるご質問

旭化成の断熱材 ホーム > ネオマフォーム > 木造住宅用途 > 断熱工法の違い


断熱工法の違い

住まいの断熱工法には、「充填断熱工法」と「外張り断熱工法」に大きく分けられます。それぞれの違いをみてみましょう。

外張り断熱工法

  • 柱・梁の外側から断熱材で覆う工法。
  • 配管・コンセントboxなどが施工の障害にならない。
  • 通気胴縁と断熱材の厚さ分、外側にふけてしまいます。

充填断熱工法

  • 柱・梁の間に断熱材を詰め込む工法。
  • 配管・コンセントboxなどの障害がある部分の施工に注意が必要。