最適な基礎工法を担うベスト・パートナー

旭化成建材の基礎杭

EAZET工法とATTコラム工法の施工管理について

EAZET、ATTコラムは地盤調査データを基に施工状況を総合的に判断しながら、認定で定められた管理項目に基づいて施工管理を行います。

EAZET(イーゼット)工法の施工管理について

■EAZET工法の施工管理のポイント

イーゼット工法は杭先端羽根部を地盤に回転埋設させていく工法です。地盤調査データと施工深度、施工回転トルクの推移、1回転当たりの貫入量を比較しながら、総合的に打ち止めの判断を実施します。支持層への根入れを1Dw以上を基本とします。施工回転トルクの変化傾向から、当初設計よりも支持層の発現が深くなった場合でも、元請様、工事監理者様等の関係者と協議の上で、杭を継ぎ足すことが可能であり、確実に支持層までの施工を実施します。

■工程の概要

■EAZET工法の施工管理装置

イーゼット工法では、試験杭および本杭の施工記録を、施工機械に搭載している施工管理装置にて記録します。主な記録内容は、施工日、杭番号、施工回転トルク、施工深度、波形*(深度-施工回転トルク)です。また、杭のねじり強度を超えないよう、施工中の最大施工回転トルクも確認しています。試験杭時、記録したデータは管理装置に併設するプリンターから施工後すぐに印刷し、元請様、工事監理者様等の関係者に提示し、適正な施工が行われていることを報告します。
*波形が出ない管理装置もあります。

■施工トルクデータ

ATTコラム(アットコラム)工法の施工管理

■ATTコラム工法の施工管理のポイント

ATTコラム工法は、セメントミルクと原地盤を撹拌したコラム体と羽根付き鋼管を組み合わせたハイブリッド工法です。支持力発現の重要な要素であるコラムに関しては、地盤調査結果を基に、事前にその土質にあった配合計画を立てて、現場では比重の確認や、施工管理装置による施工深度・施工速度・セメントミルク流量の確認を行います。出来形管理として、モールドコアを採取し、一軸圧縮強度を確認して、良質なコラムが築造されていることを確認します。

■工程の概要

■ATTコラム工法の施工管理装置

ATTコラム工法では、コラム築造時に施工機械に搭載している施工管理装置にて記録します。主な記録内容は、施工日、杭番号、施工深度、施工速度、トルク、セメントミルクの瞬時流量・積算流量です。試験杭時、記録したデータは管理装置に併設するプリンターからリアルタイムに印刷し、元請様、工事監理者様等の関係者に提示し、適正な施工が行われていることを報告します。

■ATTコラム工法の施工管理

■施工後の確認

築造したコラムからモールドコアを採取し、一軸圧縮試験を行い強度を確認します。コラムの強度が発現しているかを出来形管理します。