施工事例

施工事例

現場レポート2

現場レポート2

温かみのある色で塗り替えました。
とても気に入っております。

東京都調布市 K様邸
  時期:2015年3月
  期間:約2週間
建築年数:24年
  外壁:ヘーベルライト
  屋根:日本瓦
  担当:株式会社 住まいるスズキ

リフォーム前の状況

before

K様は12年前に一度別の施工店様でメンテナンスの塗装をされたとのことでした。

  • ・外壁全体の塗り直しのご要望あり
  • ・東側破風板の傷みがひどい
  • ・目地シーリング補修なし
  • ・ブロック塀の塗装が剥がれている
ご要望・ご提案
元々は寒色系の白っぽい色でしたが、K様のご希望は既存の色をベースにもう少し温かみのある色が望ましいとのことでしたので、K様が散歩中に見てきた建物の色を参考にし、それを少し和らげた感じの色をご提案したところ気に入って頂き決まりました。
塗り直し前は駐車場の柱の色がグレーで建物の色とは不釣り合いであったので、明るいA-401にしました。天井もA-401に塗装し統一感を持たせました。

工事状況

1.事前準備

工事スタートの足場設置作業、工事終了の足場解体作業は 危険作業であり 非常に神経を使います。
道路にトラックを停めて機材の揚げ降ろしをするのですが、K様邸の前には迂回路がありましたので、車の通行にはそれ程支障をきたさずに作業を行えました。

事前準備

迂回路のご案内

事前準備

足場設置

2.シーリング工事

シーリング工事
シーリング工事

パネル間・窓周りの全てシーリング工事を行いました。東側雨戸と外壁の間は狭く、シーリングは難易度の高い作業となります。
K様から以前で、この辺りから雨が漏れてきたことがあるとのことだったので、入念にシーリングを施しました。

ベランダ部シーリング

ベランダ部シーリング

ベランダの周囲にひび割れもあったので、壁との取り合い部全てのシーリング補修工事を行いました。

ベランダ部シーリング

特にK様より雨漏りがあるようだとの相談があった掃出し窓下はしっかりとシーリング補修工事を行いました。

3.塗装工事

塀塗装

塀塗装

塀の天端が雨の浸透でもろくなっていました。
そこから入った雨水の影響で塗装が剥がれていました。

塀塗装

剥がれていた塗装をケレンで除去。
更に崩れていた天端を補修。

塀塗装

アスリートS2で下塗り。

塀塗装

アスリートU1で塗装完了。
明るい塀が完成しました。

破風補修

破風補修

東面破風の傷みがひどい様子が見られました。

破風補修

破風の傷みの原因調査。屋根裏に入って屋根からの雨漏れを調べました。
幸いにも雨漏れはありませんでした。

破風補修

釘周りから傷み始めているところがありました。

破風補修

損傷部をケレン清掃後、パテにて補修。
破風下部はアングル補強を行いました。
釘周りなど心配される箇所の補修も行いました。

破風補修

アスリート鉄・木・樋塗料で塗装して完了。

各部位リフォーム前後の比較

外壁

塗り直し前の外壁は退色し、艶もあせていました。
塗り直しにより、光沢と塗装の厚みを感じる仕上がりになりました。

外壁 before 外壁 after

玄関天井

玄関天井 before 玄関天井 after

雨戸

塗り直し前は退色し、まだら模様になっていましたが、
アスリート鉄・木・樋塗料により、まるで新品の様に生まれ変わりました。

雨戸 before 雨戸 after

ベランダ床・ベランダ内壁塗装

ベランダ床には小さなひび割れがあり、内壁には藻が付着していました。
アスリート床防水保護することで、床のひび割れも無くなり、壁も綺麗になりました。

ベランダ床・ベランダ内壁塗装 before ベランダ床・ベランダ内壁塗装 after

完成写真

全景after

全景after

温かみのある建物になりました。

全景before

全景before

柱がグレーなのが気になりました。

塗装色

部位 塗装色
外壁 特注色
破風 A-263
軒天・柱 A-401
ライトグレー

お客様のご感想

前回は別の施工店で塗装をしました。塗装前の打ち合わせはあまり無くて業者にお任せだったように記憶しております。色もカタログの小さな色見本だけで決めました。工事もあっと云う間に終わった感じです。塗装をするのは初めての経験でしたので、こんなもんだろうと思いました。今回、旭化成建材の取扱店さんにお願いしたのですが、着工前の打ち合わせに十分な時間をかけて頂きました。工事管理もしっかりされており、進捗状況の報告もあって大きな違いを感じております。

東側破風板の傷みがひどかったのですが、前回の塗装の際に、何等処置もせずに塗装をしただけでした。その為にこのように傷んでしまったのだと思います。今回は破風傷みの原因がなぜなのか、屋根からの雨漏りに起因していたら屋根の工事も必要になるということで、天井裏に入って屋根からの雨漏りの有無を調べてくれました。幸い、屋根からの雨漏りはありませんでした。破風板が傷んでいましたので交換するのが最善の措置とのことでしたが、大掛かりな工事となる為に今回は外部からの補修をしてからの塗装ということに致しました。

塗装色は今までは寒色系の白色でしたので、温かみのある色にしたいと散歩中に見かけた住宅の色を参考に相談しました。取扱店さんから色の提案がありとても良い色でしたので、その色でお願い致しました。希望通りの温かみのある色で仕上り、大変に満足しています。また、駐車場の柱の色が今まではグレー色で壁の色との違和感があり気にいりませんでしたが、外壁の色との調和を考えて塗装して下さいました。建物全体の調和がとれ良かったと思います。

外壁塗装の仕上りですが、アスリート塗装は厚みを感じます。しっかり塗られたからでしょうか。塗装に厚みを感じるとは不思議な思いです。

前回は目地シーリング補修工事をしなかったと思います。今回、業者様よりヘーベルライトの建物は塗装前には必ずシーリング補修工事をした方が良いとの提案頂き、お願いしました。全ての目地と窓周りのシーリングは大変な作業ですね。しっかりシーリングして頂き安心いたしました。 また、ベランダ掃出し窓下からの雨漏りが気になっていましたが、ベランダ周囲全体をシーリング補修をしていただき安心いたしました。

前回は雨戸・雨樋は塗りませんでしたが、今回は塗装して頂きました。アスリート塗装材は艶があって素晴らしいですね。色あせていた雨戸がまるで新築のように綺麗になりました。

ブロック塀の塗装が剥がれとても汚い状態となっていました。外壁に比較して塗装の傷みが激しいのは、塀の天端から進入した雨水が原因しているとの説明に納得致しました。前回は天端には何も手を打たず塗装をしたためか早々と塗装が剥がれましたが、今回は天端の補修もしてから塗装をして頂いたので、前より長持ちするのではと期待しております。

取扱店の職人さんは作業がとても丁寧で安心いたしました。塗装作業以外に傷んでいたエアコンカバーの交換や高くて交換しづらかった駐車場天井の蛍光灯交換などもしてくれました。塗装工事以外も良くやっていただいたと感謝しております。

TOP