施工事例

施工事例

現場レポート3

現場レポート3

外壁塗装で大幅に建物のイメージチェンジをしました。

川崎県川崎市 O様邸
  時期:2016年5月
  期間:約3週間
建築年数:13年
  外壁:ヘーベルパワーボード
  屋根:コロニアル
  担当:株式会社 住まいるスズキ

リフォーム前の状況

before

外壁はデザインパネルをイベリアン塗装、平パネルを一般塗装で塗り分けられていました。一般塗装の方が劣化が進んでいました。

白華現象

白華現象

塗装の劣化

塗装の劣化

外壁はデザインパネルをイベリアン塗装、平パネルを一般塗装で塗り分けられていました。一般塗装の方が劣化が進んでいました。

ご提案
案1:ツートン塗装とし、既存の塗り分け仕様で塗装 既存建物の塗り分けは 少し凝り過ぎているように思われます。
もっとシンプルな塗り分けの方がお客様の建物には合うと思いますと弊社からの感想をお伝えしました。 案2:ツートン塗装で、低層部(ベランダ壁を含む)と上層部で塗り分ける仕様 最近、流行の塗装仕様です。今回も有力な候補の一つでした。 案3:案2をベースにボーダーに差し色を入れて塗り分ける お客様がご提案された仕様でした。魅力ある仕様でした。 差し色は何が良いかも検討しましたが、色を使いすぎるのは避けた方が良いとの結論になり、取りやめました。 案4:ツートン塗装ではなく、一色で塗装する 既存の建物とは大幅なイメージチェンジになる仕様です。
「O様邸は凹凸のある形状をしていることと、意匠的にデザインパネルも使用しているので、一色で塗装をしても単純な建物にはならない。むしろ落ち着いてどっしりとした建物になると思います。」と提案致しました。

お客様は最終的に弊社提案の案4の一色での塗装を採用されました。
塗装色は色見本だけではイメージがつかみにくいので、過去に弊社が施工した現場をご覧いただき決めて頂きました。

工事状況

1.事前準備

事前準備

現場の隣に大きな駐車場があった 現場の隣は大きな駐車場になっており、 現場に接近して2台の車が止まっていました。足場の設置・撤去作業の際に足場機材で車に傷を付けてしまう恐れがあります。
また、塗装工事の際は車をシートで養生する方法もありますが、シートを付けたり外したりでご迷惑をお掛けします。
今回は幸いなことに、駐車場内に空いているところがありましたので、駐車場の管理会社を通してそこに車の移動をお願いできました。

事前準備

ベランダのテラス屋根が足場設置に支障 テラス屋根があると足場が建てられません。
そこでテラス屋根を足場設置前に一時撤去し、足場撤去後に復旧することにしました。

事前準備

屋根上には太陽光発電設備が設置されていた 太陽光発電設備の普及で屋根に設置されている建物が多くなりました。
当現場の屋根上にも設置されていましたので作業中に傷を付けないよう、また、塗装材で汚さないよう注意して作業を行いました。

現場前の道路が狭く、職人の車を停めて置けなかった 隣の駐車場に空いている所があり、工事期間中は借りることにしました。

2.シーリング工事

シーリング工事

今回の建物は建物経常に凹凸があり、意匠性を高める為にパネルを縦横に組み合わせていました。その結果、目地が通常より多い建物でした。
シーリング工事には通常の現場より日にちがかかりました。

3.塗装工事

外壁塗装

外壁塗装

黄色に変色していました

外壁塗装

下塗り後

棟の換気金物塗装

棟の換気金物塗装

棟換気金物が錆びていました

棟の換気金物塗装

錆び止め塗装

棟の換気金物塗装

棟金物塗装完了

屋根塗装

屋根塗装

屋根下塗り

屋根塗装

屋根塗装完了

各部位リフォーム前後の比較

ベランダ床

床と壁も綺麗になり、明るくなりました。

ベランダ床 before ベランダ床 after

破風塗装

破風モルタル部のひび割れがありましたが修復しました。

破風塗装 before 破風塗装 after

テラス上の外壁・破風

テラス上の外壁・破風 before テラス上の外壁・破風 after

布基礎

布基礎 before 布基礎 after

完成写真

全景after

全景after

全く別な建物が新築されたように見え、周囲の建物との調和もとれています。
イメージチェンジは成功です。

全景before

全景before

別角度

布基礎 布基礎

外壁の色と屋根、雨樋、波風の色も合っています。

塗装色

部位 塗装色
外壁 A-305
破風・軒天 A-401
ベランダ ライトグレー
屋根 ブラック
雨樋・金物 ブラック
布基礎 ライトグレー

お客様のご感想

塗替えを考えたのは、外壁の塗装が劣化してきているのが気になったからでした。
色については、漠然としか考えておりませんでした。アスリート塗装の指定業者さんと打ち合わせを行うようになって、色や塗り方で建物イメージが変わることを知りました。色の選定ではアスリート指定業者さんが幾つかの現場を案内してくれましたので、大変参考になりました。職人さんも朝早くに現場に来て、一生懸命に丁寧な仕事をしてくれました。お蔭様で、満足した建物が完成しました。とても満足をしております。

塗装工事を終えて

お客様にとって、建物の塗替えは十数年に一度の大工事です。どんな色にするか、どんな感じで仕上げるかは楽しみと思いますが、その分、いろいろ迷われます。今回も幾つか案をもとにお客様と一緒に検討をしました。
完成した建物を見るまで、お客様もベストな選択をしたかどうか、きっとご心配されていたことでしょう。
シートを外して完成した建物を見るときは除幕式のような感動を覚えます。
お客様がほっとした笑顔を見せられた時は、嬉しいですね。

TOP