施工事例

施工事例

現場レポート6

現場レポート6

見違えるほどです。
とても明るく麗になりました。

調布市 M様邸
時期:2021年3年
期間:約2週間
既存外壁:パワーボード リシン仕上げ
築 :10年
担当:株式会社 住まいるスズキ

リフォーム前の状況

外壁塗装仕様の状況

アスリートで塗装した建物をお客様にご覧頂き塗装仕様の検討をして頂きました。打ち合わせの結果、 アスリートの3つの塗装仕様「ベーシック仕様」「グランロック仕様」「イベリアン仕様」で外壁を塗り分けることになりました。 塗装色は暖色系で今までよりも明るい感じに仕上げることになりました。

リフォーム前の状況

after

リフォーム前の状況

before


before

  • ・外壁の汚染が進んでおり特に西側外壁には藻が付着し一層汚れた感じになっていた
  • ・窓の角部は雨垂れにより黒く汚染ていた
  • ・外壁の塗装が凹凸のある仕上げだった為に汚れが溜まりやすく築年数以上に汚染が進んだ
  • ・道路に面した外塀塗装も壁同様に汚れて全体的に暗い感じの建物になっていた
  • ・パワーボード目地間のシーリングは痩せて一部塗膜ひび割れも生じていた

外壁

外壁

特に西側外壁には藻が付着し、一層汚染が目立った。

外壁

外壁
外壁

外壁

目地シーリング

目地シーリング

シーリングの塗膜痩せと塗膜ひび割れが起きていました。

目地シーリング

工事状況

1.足場設置

M様邸の駐車場にはカーポートが設置されて有りましたので、足場設置前までに屋根を撤去し、 工事終了後に復旧しました。建物の裏側には大きなサンルームがあり非常に狭かったので、足場設置には少し苦労致しました。

足場設置

カーポートの屋根は事前に撤去し、足場を設置しました。

足場設置

足場設置中はトラックで道幅が狭くなりますので迅速な足場設置を心掛けました。

2.洗浄作業

塗装は出来るだけ汚れを除去し下地を綺麗にすることが求められます。M様邸の外壁は汚染が進んで いたことと藻の付着も有り洗浄作業は通常の倍ほどの時間を要しましたが、綺麗に汚れを除去することが出来ました。

洗浄作業

高圧洗浄

洗浄作業

←ビフォア 洗浄後→

3.シーリング作業

パワーボード外壁の住宅にとって、目地シーリング補修工事は重要です。
パワーボードのパネル間目地の全て、開口部回りに増し打ちシーリングを行いました。

シーリング作業

プライマー処理

シーリング作業

シーリング補修工事

シーリング作業

開口部回りのシーリング増し打ち完了

シーリング作業

玄関部のシーリング増し打ち完了

シーリング作業

シーリング増し打ち完了

シーリング作業

シーリングの硬化確認

4.外壁塗装

下塗りは3つの塗装仕様共通でアスリートS2を使いました。
中塗り・上塗りはそれぞれの塗料毎の塗装仕様となります。ベーシック仕様は全てウールローラーで塗装しますが、 イベリアン仕様とグランロック仕様は中塗りをウールローラーで行い、上塗りは吹付で仕上げます。
吹付けの場合、塗料で周りを汚さないようにしっかり養生することが求められます。
また、塗装仕上げ材の取り合い部が有りますので、取り合い部は都度、養生を致しました。

外壁塗装

下塗り材S2の塗装

外壁塗装

S2 下塗り終了

グランロック仕様

グランロック仕様

コーナー部 グランロック中塗り終了

グランロック仕様

玄関部 グランロック中塗り完了

グランロック仕様

グランロック吹き付け仕上げ

グランロック仕様

グランロック吹き付け仕上げ

イベリアン仕様

イベリアン仕様

多彩調中塗りはウールローラーで塗装

イベリアン仕様

多彩調 中塗り完了

イベリアン仕様

多彩調上塗り、吹付塗装

イベリアン仕様

多彩調 上塗り吹付完了

ベーシック仕様

ベーシック仕様

西面 外壁(デザインパネル)塗装完了

ベーシック仕様

ベランダ外壁 塗装完了

完成写真

 

全景

全景after

イメージ通り、明るい建物に出来上がりました。
グランロック仕様で建物にメリハリを付けたのが良かったです。

玄関部

全景before

玄関ドア周りの壁はグランロック仕様
袖壁からはイベリアン仕様

西側外壁

全景before

窓下の外壁はベーシック仕様
黒く壁を汚していた雨垂れも消えました。

西側外壁

全景before

汚れや藻も無くなり、とても綺麗に仕上がりました。

塗装色

仕様  塗装色
多彩調(イベリアン仕様) AT-0741
多彩調(グランロック仕様) KG-451
単体(ベーシック仕様) 特注色

お客様のご感想

しっかりと下塗り、中塗り、上塗りをしていただくことで、塗料の厚みも増し光沢もでるので、以前と違って雨が降っても跡が残らなくなりました。
西側外壁は「藻」の発生があったので、防カビ塗料も追加いただいております。
塗料の色を決めるため、見本色だけでは決めかねたので、塗装会社のS様には過去に塗装されたお住まいまでお連れいただき家主の方の感想もお聞きすることができました。
そのご意見やS様の提案を参考に、建物の正面はイベリアン仕様、コーナーにはグランロック仕様をしていただきました。
建物は工事前のサンプルパネルではイベリアン仕様はベーシック塗装より一段トーンが落ち着き、逆にベーシック塗料は、明るさが増します。 多彩調とグランロックの組み合わせは建物に落ち着きと高級感がでます。人目はある建物正面には最適の組み合わせと思います。
コストを抑えるために3種類の塗料で施工いただいたのですが、多少のコストアップがあってもイベリアン仕様とグランロック仕様での総仕上げがおすすめです。
一番感動したのは、目地のシーリング打ちは劣化の有無にかかわらず、すべてに施工いただきました。職人さんの仕事はとても丁寧です。
よく聞く話では、劣化やひび割れの部分だけをされるとは聞いていたので大変驚きました。今年の夏は屋根の遮熱塗料の効果にも期待したいです。 外壁塗装の良し悪しが、今後の建物の寿命の伸ばすことをなることを実感いたしました。
パワーボード専門の塗装会社にお願いして本当によかったと思います。

塗装工事を終えて

今回、M様邸の外壁塗装を3つのアスリート塗装仕様で塗り替えをさせて頂きました。
一つの建物の外壁塗装を複数の仕様で塗り替えるのは、塗料の準備や職人の養生作業も多くかかり大変でしたが、個性ある建物を作り上げられて良かったと思います。
どの面をどの仕様にしたら良いか、どう塗り分けたら良いかなど、建物によって異なります。
M様邸の経験を活かし、今後も、お客様の満足を第一に良い提案をしていきたいと思います。

TOP