旭化成建材の外壁外装リフォーム・リニューアル ホームの中の鉄骨ALC建物のリニューアルの中のALC建物 防水改修工事

ALC建物 防水改修工事

屋上やバルコニー等の防水層は、建物を漏水から守るという重要な役割を担っています。
しかしこのような水平面の部位は、建物の中でも最も日射や風雨の影響を受けやすい箇所であり、早めの点検・メンテナンスを行っていく必要があります。
防水改修サイクルは防水層の種類にもよりますが、一般的には10年〜15年程度と言われています。
健全な防水性能を維持しトータルコストを抑えるためには、初期の劣化症状を定期チェックし、それに応じた適切な処置を施すことが必要です。

1.屋上防水層の改修工事例(ポリマーセメント系塗膜防水)

既存防水層の上に塗膜防水を塗布した事例です。

プライマー塗布

1.プライマー塗布

通気緩衝シートの貼り付け

2.通気緩衝シートの貼り付け

脱気筒の取り付け

3.脱気筒の取り付け

下塗り塗布

4.下塗り塗布

上塗り塗布(1回目)

5.上塗り塗布(1回目)

上塗り塗布(2回目)

6.上塗り塗布(2回目)

トップコート(1回目)

7.トップコート(1回目)

トップコート(2回目)

8.トップコート(2回目)

屋上防水施工 完了

9.屋上防水施工 完了

ページ上部に戻る

2.屋上防水層の改修工事例(塩ビ系シート防水 絶縁工法)

既存のシート防水に新規シート防水を重ね張りした事例です。

既存シートの清掃

1.既存シートの清掃

下地処理後緩衝シート施工

2.下地処理後緩衝シート施工

ディスク板を止め付け

3.ディスク板を止め付け

手摺控え周囲修復中

4.手摺控え周囲修復中 

新規シート立上り接着

5.新規シート立上り接着

平面重ね部接着

6.平面重ね部接着

ディスク板を溶着し施工 完了

7.ディスク板を溶着し施工 完了

お問い合わせ・資料請求 ご相談・お見積 無料

お電話でのお問い合わせ リニューアル専用フリーダイヤル(平日9:00〜17:30) TEL:0120-040-672

メールフォームでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

ページ上部に戻る