保冷ボックス・保冷車トップレベルの保冷力でコールドチェーンの低温輸送車、保冷ボックスなどに採用されています

ネオマフォームの断熱性能は低温領域でもエネルギー効率向上に貢献します。コールドチェーンを構成する車両や設備、機器、装置には優れた保冷材が欠かせません。

保冷車・常温車用途|庫内の温度維持管理にネオマフォームが貢献

微細な気泡構造を持つネオマフォームは、保冷領域で優れた効果を発揮します。他素材と比較しても、その保冷力には大きな差があります。

輸送車両にネオマフォームを採用頂く主なメリット

  • 外気温による影響を受けにくくなり、
    庫内の温度上昇を防ぎます
  • 庫内の熱効率が向上するため、
    エネルギー削減に効果があります
  • 他素材と比較し断熱性能が高いため
    、ボデーパネルを薄くすることが可能です。
    そのため、庫内容積を広くすることができます。
  • 夏場の直射日光などによる熱にも強いため、
    ルーフ部分などにも
    長期的に安心してご使用頂けます
  • 保冷芯材のイメージ

常温車にネオマフォームが採用されています

ネオマフォームは常温車トラックのボデー部分に採用されています。年々長期化する日本の酷暑に対しネオマフォームが効果的に働き、庫内の温度環境の向上はもちろん、配達員の方の作業時の健康維持にも貢献しています。

保冷ボックス用途|低温輸送でフードロス削減、CO₂削減に貢献

温度管理が必要な物品を小口配送、運送する保冷ボックス。その芯材としてネオマフォームが採用されています。ネオマフォームのトップレベルの断熱性により、冷蔵システムを使用せずに低温輸送が可能となりフードロス低減やCO₂削減などの社会課題解決に貢献します。

コストと性能のバランスの良さが特徴です

真空断熱材よりもコストに優れ、他発泡プラスチック系断熱材よりも保冷力に優れます。