ネオマ🄬フォームFS

ネオマフォームFS:金属外壁 準耐火建築物用途(壁30分防火構造)

ネオマフォームFSは、ネオマフォームと普通石膏ボードの複合製品です。角波鉄板、スパンドレル鋼板との組み合わせで壁30分防火構造認定を取得しています。不燃材料認定も取得しているため、準耐火建築物(ロ準耐2)に適応可能です。(アルミ外装材は認定外)

※本認定をご使用の場合認定書をご確認いただき、
記載内容を遵守してください。

ネオマフォームFSの特徴

耐火性 外壁30分防火構造認定、不燃材料認定を取得。準耐火建築物(ロ準耐2)に適用可能です。
断熱性 ネオマフォーム厚は20~50mmまで対応、高断熱を目指す建物に対応できます。
軽量性 ネオマフォームFS20mmの重量は9.2(kg/㎡)。技能者の負担を少なくします。
外張り断熱 外張り断熱で躯体を保護、面倒な胴縁の熱橋計算も不要です。

施工状況

室内側状況

ネオマフォームFSの基本ディティール

一般部 水平断面詳細図

一般部 垂直断面詳細図

ネオマフォームFSの防火認定構造

壁30分防火構造認定 PC030NE-0121-4

認定適合金属板 基本事項

・厚さ:0.4mm以上
・長さ:12000mm以下
・働き幅:105mm以上
・山高さ:12mm以上

※一部形状では0.5mm又は0.6mm以上。詳細は下図参照。

材質

  • 塗装溶融55%アルミニウム-亜鉛合金めっき鋼板(国土交通省大臣認定番号:NM-8697)
  • 塗装溶融亜鉛メッキ鋼板(国土交通省大臣認定番号:NM-8697)
  • 塗装溶融55%アルミニウムマグネシウム2%合金めっき鋼板(国土交通省大臣認定番号:NM-8697)等

形状

スパンドレル
(金属板断面積6.1c㎡/m以上)

角波鉄板(金属板断面積4.3c㎡/m以上)

ネオマフォームFSの施工フロー

ネオマフォームFS25:金属外壁 耐火建築物用途(壁30分耐火構造)

ネオマフォームFSは、ネオマフォームと普通石膏ボードの複合製品です。
角波鉄板とネオマフォームFS(FS-25限定)との組み合わせで壁30分耐火構造認定を取得しています。(アルミ外装材、スパンドレル鋼板は認定外)
経済性にも優れた仕様です。

※本認定適合製品は品番FS-25のみです。
本認定をご使用の場合認定書をご確認いただき、
記載内容を遵守してください。

ネオマフォームFS25の特徴

耐火性 外壁30分耐火構造認定を取得、多くの建物に対応できます。
断熱性 ネオマフォーム厚さ25mmで熱貫流率は0.69[W/(㎡・K)]。高断熱性能の実現が可能です。
軽量性 重量は9.4kg/㎡(FS-25)。躯体への負担を少なくします。
外張り断熱 外張り断熱で躯体を保護、面倒な熱橋計算も不要です。

施工状況

室内側状況

ネオマフォームFS25の基本ディティール

一般部 水平断面詳細図

一般部 垂直断面詳細図

ネオマフォームFS25の耐火認定構造

壁30分耐火構造認定 FP030NE-0270

認定適合金属板 基本事項

・厚さ:0.5mm以上
・長さ:12000mm以下
・働き幅:533mm以上
・山高さ:12mm以上

材質

  • 塗装溶融55%アルミニウム-亜鉛合金めっき鋼板(国土交通省大臣認定番号:NM-8697)
  • 塗装溶融亜鉛メッキ鋼板(国土交通省大臣認定番号:NM-8697)
  • 塗装溶融55%アルミニウムマグネシウム2%合金めっき鋼板(国土交通省大臣認定番号:NM-8697)等

形状

角波鉄板(金属板断面積5.6c㎡/m以上)

金属板板面積(c㎡/m):金属板の断面積を、外壁幅1mあたりに換算した値。
※金属板断面積については各金属外装メーカー様にお問い合わせください。

ネオマフォームFS25の施工フロー

ネオマフォームFS耐火下地システム:金属外壁 耐火建築物用途
(壁30分耐火構造)

ネオマフォームFSと強化石膏ボード(GB-F)との多層張りにより、スパンドレル鋼板、角波鉄板との組み合わせで壁30分耐火構造認定を取得しております。(アルミ外装材は認定対象外)
下地胴縁ピッチは910mm以下。鋼材費用を削減することができます。

※本認定をご使用の場合認定書をご確認いただき、
記載内容を遵守してください。

ネオマフォームFS耐火下地システムの特徴

耐火性 ネオマフォームFSと強化石膏ボードとの組み合わせで外壁30分耐火構造認定を取得しております。
断熱性 ネオマフォーム厚は20~50mmまで対応、高断熱を目指す建物に対応できます。
施工性 システムを構成する部材それぞれの重量は10kg/㎡以下。施工時のハンドリングも容易です。
デザイン性 外装金属板仕様は、スパンドレル、角波の両方から選択可能。意匠の自由度が高いシステムです。
経済性 下地胴縁のピッチは910mm以下。鋼材費用を削減することが出来ます。

ネオマフォームFS耐火下地システムの基本ディティール

一般部 水平断面詳細図

一般部 垂直断面詳細図

ネオマフォームFS耐火下地システムの耐火認定構造

壁30分耐火構造認定 FP030NE-0174

認定適合金属板 基本事項

・厚さ:0.35mm以上
・長さ:12000mm以下
・働き幅:105mm以上
・山高さ:12mm以上

材質

  • 塗装溶融55%アルミニウム-亜鉛合金めっき鋼板(国土交通省大臣認定番号:NM-8697)
  • 塗装溶融亜鉛メッキ鋼板(国土交通省大臣認定番号:NM-8697)等

形状

スパンドレル

角波鉄板

(寸法単位:mm)

※本システムに使用する金属外装材には、空間断面積や金属板断面積の規定はありません。

ご意見、ご質問など、問い合わせは、
下記フォームよりお願いいたします。