ネオマ🄬フォームFS

ネオマフォームFS

鉄骨造外壁分野
壁30分防火構造認定 
壁30分耐火構造認定 
不燃材料認定品

ネオマフォームに石膏ボードを複合した、鉄骨造での金属外装材仕様の下地パネルです。

 

壁30分防火構造 PC030NE-0121-4
壁30分耐火構造 FP030NE-0270 ※品番[FS-25]限定
壁30分耐火構造 FP030NE-0174
不燃材料 NM-3558

構成
断熱材 複合材料
ネオマフォーム
JIS A 9521フェノールフォーム断熱材1種2号CⅡ
JIS A 9511フェノールフォーム保温板1種2号C
石膏ボード12.5mm

製品規格及び壁の熱貫流率計算例

品番 厚さ(mm) 幅×長さ(mm) 重量※1
(kg/m²)
EI認証対象 熱抵抗 ※2
[(m²・K)/W]
熱貫流率 ※3
[W/(m²・K)]
ネオマフォーム 総厚
FS-20 20 32.5 910×1820 9.2 1.0 0.83
FS-25 25 37.5 9.4 1.3 0.69
FS-30 30 42.5 9.5 1.5 0.59
FS-35 35 47.5 9.6 1.8 0.51
FS-50 50 62.5 10.0 2.5 0.37

※1 標準的な重量を示しています。

※2 ネオマフォーム単体(複合材料の断熱性能を含まない)の断熱性としています。

※3 壁体はネオマフォーム及び石膏ボードのみで構成され、かつ以下の数値を用いて算定しています。石膏ボード熱伝導率:0.22[W/(m・K)]、石膏ボードの熱抵抗[m・W]:0.05、室内側熱伝達抵抗:0.11[(m²・K)/W]、室外側熱伝達抵抗:0.04[(m²・K)/W]

優良断熱材(EI)認証制度について

「優良断熱材認証制度」は一般社団法人 日本建材・住宅設備産業協会がすぐれた品質管理のもとに安定した断熱性能を有する優良断熱材(EI)を認証する制度です。省エネ基準適合義務化の断熱性能の確認において、JISと並ぶ第三者認証制度として利用できます。 (製品規格表の「EI認証対象」欄に、●印で示すものが、対象品番となります。)

ホルムアルデヒドの放散について

ネオマフォームFSは、以下の材料で構成されていますので、内装の露出の有無に関わらず、使用面積の制限なくお使いいただけます。

断熱材規格 JIS A 9521フェノールフォーム断熱材1種2号CⅡ F☆☆☆☆、
JIS A 9511フェノールフォーム保温板1種2号C F☆☆☆☆
石膏ボード 規制物質対象外
接着剤 非ホルムアルデヒド系(規制対象外物質)

ご意見、ご質問など、問い合わせは、
下記フォームよりお願いいたします。