ホーム > 支持力性能 > 水平支持力性能

支持力性能

  • 許容鉛直支持力
  • 許容引抜き支持力
  • 水平支持力
  • 参考資料

水平支持力性能

ATTコラムは、コラムにより二層地盤を形成するため、コラムがない杭に比べて水平支持力が大幅に向上します。
その主な要因として、次のようなことが考えられます。

  • 杭の頭部に水平力が作用すると、杭周辺の地盤は下図のように動くと想定されます。ATTコラムにおいては、これら地盤の動く範囲が改良効果により広がり、その結果水平抵抗力が大きくなります。
  • 羽根付き鋼管本体の径(Do)とコラム径(Dc)の比は2.6〜5.2と大きな値になっております。すなわち、杭本体部の周囲に相当な厚みを有する硬い地盤がある二層地盤を形成していることになります。
  • ATTコラムの特徴である羽根が地盤を押さえ込む働きをします。地震時のように正負交番の繰り返し荷重が作用する場合でも、羽根と羽根に挟まれたコラムが一体となって挙動します。

杭周辺の土の動き

水平載荷試験

土質柱状図と試験体

荷重〜地表面水平変位量曲線

お問い合わせ・資料請求

メールでお問い合わせ
カタログ請求、その他ATTコラムに関する
些細なご質問でも、お気軽にお問い合わせ下さい。

メールでお問い合わせ

電話でお問い合わせ
貴社のお近くの営業所の電話番号をご案内いたします。
お気軽にお問い合わせ下さい。

貴社担当営業所のご案内

資料ダウンロード
ここでしか手に入らない、ATTコラムに関する
資料はこちらからダウンロードください。

いますぐ資料ダウンロード

このページの上部へ



サイトマップを開く