仕様

ATTコラムは、杭本体部の鋼管および羽根部の鋼材に主にJIS規格製品を採用しており、高い信頼性とスピーディーな納期対応を実現します。2017年には新認定を取得し、杭仕様を追加しました。羽根径の拡大と羽根間隔の拡大により、特に軟弱地盤においてより経済的な提案を可能にします。

各部の名称と標準仕様

各部の名称

ATTコラム,各部の名称

従来仕様

ATTコラム,従来仕様

追加仕様

ATTコラム,追加仕様

材料規格

ATTコラム,材料規格

※SEAH590は、国土交通大臣認定(MSTL-0419)を取得し、JISQ1000にもとづいてJISG3474(STKT590)の要求事項に適合していることを「自己適合宣言」した製品です。

ATTコラム,追加仕様と従来仕様の比較

追加仕様と従来仕様の比較

ATTコラムの標準仕様

ATTコラム,標準仕様

注意:杭材の標準長さは、1mピッチとなります。

注意:先端・中間の羽根の厚みは、設計採用N値によって決まりますので、当社までお問い合わせ下さい。

注意:SEAH590は、国土交通大臣認定(MSTL-0419)を取得し、JISQ1000にもとづいてJISG3474(STKT590)の要求事項に適合していることを「自己適合宣言」した製品です。

先端地盤種別ごと最大施工深さ

ATTコラム,先端地盤種別ごと最大施工深さ

注意:施工機械や地盤条件によって、最大施工深さまで施工できない可能性があります。

追加仕様標準採用フロー

追加仕様に関して、採用条件に制限があります。下記、フローに示しますが、詳細は旭化成建材にお問い合わせください。

ATTコラム,追加仕様標準採用フロー
TOP