施工手順

低騒音・低振動、排土の発生がまったくない環境型杭工法であるイーゼット。機械の搬入から実際の杭施工まで、その工程は極めてシンプルです。機械高さ10m以下という安定性に優れた小型施工機械による施工は、安全性に優れ、スピーディーな杭工事を実現しています。

基本的な施工の流れ

1.杭材の吊り込み
杭を機械に吊り込み、杭心に合わせて杭をセットします。吊り込みはイーゼット施工機械本体で行い、クレーン等は必要としません。
2.杭の固定
杭材を振れ止め装置にて固定、鉛直精度を確保して施工するための準備をします。
3.回転埋設
イーゼット杭材の鉛直性を確認後、正回転(右回転)を杭材に作用させ、羽根の推進力による杭の埋設を開始します。
4.杭の接続
1本目の埋設が完了したら、2本目以降は機械式継手叉は溶接接続により継ぎ足しを実施、順次埋設を実施していきます。
5.施工完了
所定の深さまで回転埋設を実施、同時に施工データを観測し、支持層への杭先端部の到達、支持層への根入れをそれぞれ確認し、施工を完了します。完了後は杭材からキャップを外します。

標準的な施工手順

  • 1.施工機械搬入

    1.施工機械搬入

  • 2.施工機械降ろし

    2.施工機械降ろし

  • 3.杭材搬入

    3.杭材搬入

  • 4.杭の固定

    4.杭の固定

  • 5.杭心セット

    5.杭心セット

  • 6.排土なし施工

    6.排土なし施工

  • 7.杭接続(この現場ではCCジョイント方式)

    7.杭接続(この現場ではCCジョイント方式)

  • 8.中杭以降の杭を打設

    8.中杭以降の杭を打設

TOP