人に、街に、地球に調和する、環境に優しい鋼管杭工法「EAZET(イーゼット)」

EAZET旭化成建材株式会社

  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ
  • English

EAZET建築版サイトへ

土木版ホーム製品基本情報土木審査証明書内容

土木計審査証明書内容

低騒音・低振動、排土発生ゼロの環境対応型杭工法スクリューパイルEAZET工法は、このたび(一財)国土技術研究センターの技術審査証明を更新・内容変更し、土木構造物向け杭工法としてさらなる成長を目指します。独自の杭形状、杭施工方法は、杭工法としての押込み力、引抜き性能等、杭工法に必要な基本的性能をバランス良く保持しております。

また、完全無排土施工により環境負荷の小さな杭施工を実現するだけでなく、狭隘な施工スペース、施工時の上空制限、夜間施工に代表される施工時間制限など、様々な限定条件下における杭施工をバリエーションあふれるコンパクトな施工機械で実現することが可能です。施工の条件が厳しい橋梁構造物、水管橋、歩道橋、エレベーター、エスカレーター、プラント施設、既存構造物の耐震補強向けなど、様々な土木構造物向け杭工法としてEAZET工法をどうぞご活用下さい。

土木審査証明書内容

技術審査の内容

  • 1.杭先端のらせん状の羽根の効果により、支持層まで回転貫入することができ、小口径の鋼管杭として所定の先端および周面支持力が得られること。
  • 2.本工法に用いる機械式継手は、鋼管本体と同等以上の性能を有していること。
  • 3.回転貫入により無排土で施工できること。
  • 4.施工時に発生する騒音・振動レベルが法定の規制値を下回っていること。
  • 5.施工中のトルクを計測することにより、支持層への到達の判断ができること。
  • 6.近接構造物への影響が少なく施工できること。

(一財)国土技術研究センター 審査証明書

EAZET工法は「(一財)国土技術研究センター」の審査により、これからの時代が要求する小スペース、低空頭条件等での環境に配慮した高性能な小口径・回転杭工法としての開発技術が認められ、平成19年3月26日付で審査証明を取得しました。更なる社会のニーズに応えるべく、平成26年3月17日付の内容変更においては、新たな鋼管の仕様がラインナップに加えられております。

掘削・排土方式の概要 回転貫入・無排土で施工
鋼管径 Φ114.3〜406.4mm
支持地盤種別と鋼管径
(押込み・引抜き)
砂層
:30≦N≦50 Φ114.3〜406.4mm(構造物によっては、N値25以上も適用可)
砂れき層
:30≦N≦50 Φ114.3〜406.4mm
粘性土層
:20≦N≦50 Φ114.3〜355.6mm(構造物によっては、N値15以上も適用可)
鋼管材質 STK400、STK490、SKK400、SKK490
羽根径 Φ250〜880mm (鋼管径の1.87〜3.00倍)
羽根部材質 SS400、SS490、SM490A
テーバー鋼管 NS‐490TPP(認定番号MSTL‐0230)
継手 機械式継手(HCCJ継手、NCCJ継手)、溶接継手
最大施工深さ 鋼管径の130倍以下

お問い合わせ・資料請求

■メールフォームでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
■お電話でのお問い合わせ
各営業拠点によってお電話番号が異なります。お近くの営業所をご紹介いたします

土木版ホーム製品基本情報土木計審査証明書内容