鉄道構造物向け 設計諸元のご紹介

鋼管杭工法であるイーゼット工法を、鉄道構造物向けの杭基礎として使用するケースが増加しています。その際の杭の設計諸元についてご紹介させていただきます。

鉄道構造物向け 設計諸元

(1) 適用範囲

鋼 管 径 Φ355mm程度以下
羽根外径 杭径Dpの約2倍
適用地盤(先端地盤)(EAZET) 砂、砂
硬質粘性土
設計根入長 杭径Dp

(2) 地盤反力係数

杭周面の地盤反力係数(ksv) 砂質土の場合
粘性土の場合
杭先端の地盤反力係数(kv) 押込みの場合
引抜きの場合
杭の水平地盤反力係数(kh)
  • 記号は下記による。
  • Dp:杭体の外径(m)
  • βsvs:砂質土に対する杭周面の地盤反力係数の補正係数(=0.75)
  • βsvc:粘性土に対する杭周面の地盤反力係数の補正係数(=0.50)
  • Dw:杭先端の羽根の外径(m)
  • βvc:杭先端の押込み時先端地盤反力係数の補正係数(=0.85)
  • βvt:杭先端の引抜き時先端地盤反力係数の補正係数(=0.75)

(3) 支持力度

基準先端支持力度(qd)
最大周面支持力(ri) 砂質土の場合
粘性土の場合

(4) 杭先端の羽根の引抜き抵抗力

杭先端に羽根があるため、杭先端の引抜き抵抗力(Pu)を考慮することができる。
Pu=π・Dw( Σγi・li+γ・H/2)・H・β・tanΦ

(5) 地盤抵抗係数

打込み杭、あるいは中掘り先端根固め杭の値を使用するものとする。

  • 注意:本設計諸元は、東日本旅客鉄道様において、弊社が提出した性能データを下に定めていただいたものです。
    諸元の採用にあたっては必ず弊社までお問い合わせください。
TOP