製造工程

イーゼット工法の杭本体素材は、主にJIS規格の一般構造用炭素鋼鋼管(STK400、STK490、SEAH590[STKT590])の中から選択が可能です。杭先端部は、一般構造用圧延鋼材等を用い、負担する応力に応じた厚み、素材仕様を選択します。それぞれ信頼すべき製造社の製品を購入、全国6ヶ所の専用工場にて加工を施されイーゼット杭材料として製品化されます。建設現場のニーズに対応するため、杭素材は一定量の在庫を備えており、他の杭工法と比べて短い納期での現場納入が可能な体制を整えております。鋼材の納期別に3種類に分類されます。

イーゼットの製造工程

イーゼットの製造工程

イーゼットの製造拠点

現在、6ヶ所の製造拠点で全国をカバーしています。

イーゼットの製造拠点
イーゼットの製造工場

製造工場

イーゼットの製造工場
(関東地区の場合)

  • 1.工場全景

    1.工場全景

  • 2.材料受入れ

    2.材料受入れ

  • 3.銅管母材保管状況

    3.銅管母材保管状況

  • 4.製造ラインへ

    4.製造ラインへ

  • 5.製造状況

    5.製造状況

  • 6.杭先端部

    6.杭先端部

  • 7.継手素材(AKJの場合)

    7.継手素材
    (AKJの場合)

  • 8.材料検査-1

    8.材料検査-1

  • 9.材料検査-2

    9.材料検査-2

  • 10.出荷

    10.出荷

イーゼット 杭種類の分類

標準材 常時杭素材として在庫を保持し、3週間程度での短い納期対応が可能な杭種類。
準標準材 ある程度のロットで在庫を保持し、標準杭種類に準じた納期対応が可能な杭種類。
特殊材 在庫を保持していないため、鋼管メーカーへの製造発注を行い、納期には90日以上程度要する杭種類。
  • ※杭数量でそれぞれ200m以内程度の場合
TOP