擁壁

擁壁分野において、イーゼットの支持力性能、施工性能を活かした形での採用が進んでいます。

擁壁における活用例
擁壁における活用例
擁壁における活用例

擁壁の場合、宅地造成等規制法の記述に則って杭の提案を行うことが多くなっています。その際安定計算としては、沈下に対する検討(支持力検討)、滑動に対する検討、転倒に対する検討を行い、これに加えて、杭頭の変位が一定以内であることのチェックを行います(変位の上限は、各行政による)。また、それ以外に変位法による検討を行うケースもあります。

宅地造成等規制法を前提とした設計例

1.仕様検討条件

(1)支持層:
宅地造成等規制法を前提とした設計例:支持層
(2)杭材質:
宅地造成等規制法を前提とした設計例:杭材質
  • ※ETを採用しています。
宅地造成等規制法を前提とした設計例:杭材質
  • Dw:杭先端羽根部径(mm) 
    Do:杭本体部径(mm)

2.許容鉛直支持力の算定

(1)長期許容鉛直支持力

a)地盤から決まる支持力

宅地造成等規制法を前提とした設計例:地盤から決まる支持力
宅地造成等規制法を前提とした設計例:地盤から決まる支持力
宅地造成等規制法を前提とした設計例:地盤から決まる支持力

b)杭材から決まる支持力

宅地造成等規制法を前提とした設計例:杭材から決まる支持力
宅地造成等規制法を前提とした設計例:杭材から決まる支持力

c)判定

宅地造成等規制法を前提とした設計例:判定

3.擁壁の検討

(1)設計条件
宅地造成等規制法を前提とした設計例:設計条件

・土質柱状図と基礎

宅地造成等規制法を前提とした設計例:土質柱状図と基礎

・擁壁寸法

宅地造成等規制法を前提とした設計例:擁壁寸法
  • 延長長さL:  1.6m
  • 杭へりあき:  0.40m
  • 断面杭心間隔:  2.20m
  • 上載荷重:  10kN/m2
(2)外力の計算

A点からの各距離をf、安定モーメントをMA、また杭Aと杭Bの重心点からの距離をe、重心点に関する偏心モーメントをMeとする。なお、時計と反対回りを正とする。

宅地造成等規制法を前提とした設計例:外力の計算
宅地造成等規制法を前提とした設計例:外力の計算
(3)土圧(簡易計算式)
宅地造成等規制法を前提とした設計例:土圧(簡易計算式)
(4)支持力チェック
宅地造成等規制法を前提とした設計例:支持力チェック
宅地造成等規制法を前提とした設計例:支持力チェック
(5)水平方向地盤反力係数Kℎおよび杭の横係数β
宅地造成等規制法を前提とした設計例:水平方向地盤反力係数Kℎおよび杭の横係数β
宅地造成等規制法を前提とした設計例:水平方向地盤反力係数Kℎおよび杭の横係数β
(6)モーメント計算結果
宅地造成等規制法を前提とした設計例:モーメント計算結果
(7)滑動に対する検討
宅地造成等規制法を前提とした設計例:滑動に対する検討
(8)転倒に対する検討
宅地造成等規制法を前提とした設計例:転倒に対する検討
(9)変位に対する検討
宅地造成等規制法を前提とした設計例:変位に対する検討
  • ※変位の上限は、各行政による。

・杭伏図

宅地造成等規制法を前提とした設計例:杭伏図
TOP