鉄塔・塔状建築物

鉄塔・塔状建築物活用例

携帯電話向けの鉄塔、送電線を中心に、鉄塔、塔状建築物での採用が進んでいます。採用の決め手としては、資材の搬入、施工機械の搬入に関連する施工環境的要因と、塔状建築物で要求される支持力性能などの性能的要因があります。

環境要因から

鉄塔などは、市街地や住宅地から離れたところに建築が計画されるケースが多く、道路等の搬入路が確保できない場合も数多くあります。そのため、機械も小さく、大掛かりな設備も必要としないイーゼットは大きなメリットを生みだします。一方、高圧線鉄塔などは、逆に市街地、住宅地などに建設されることがあり、これも低騒音、低振動、狭地など、イーゼットの特長を活かせる施工条件となります。

鉄塔でのイーゼット配置例

代表的なイーゼット配置例についてご紹介させていただきます。

携帯電話鉄塔短期設計例
携帯電話鉄塔短期設計例

立面図

携帯電話鉄塔短期設計例:立面図

杭伏図

携帯電話鉄塔短期設計例:杭伏図

1.仕様検討条件

(1)支持層:
携帯電話鉄塔短期設計例:支持層
(2)杭材質:
携帯電話鉄塔短期設計例:杭材質
  • Dw:杭先端羽根部径(mm) 
    Do:杭本体部径(mm)

・土質柱状図と基礎

携帯電話鉄塔短期設計例:土質柱状図と基礎
(3)杭仕様:
携帯電話鉄塔短期設計例:杭仕様

・荷重条件

携帯電話鉄塔短期設計例:荷重条件

<基礎重量>

携帯電話鉄塔短期設計例:基礎重量

<風向時>

携帯電話鉄塔短期設計例:風向時

<地震時>
【基礎の地震時水平力】

携帯電話鉄塔短期設計例:地震時,基礎の地震時水平力

2.杭の短期鉛直応力

・荷重条件

携帯電話鉄塔短期設計例:杭の短期鉛直応力,荷重条件
(1) 0°方向
携帯電話鉄塔短期設計例:杭の短期鉛直応力,0°方向

<風向時>

携帯電話鉄塔短期設計例:0°方向,風向時

<地震時>

携帯電話鉄塔短期設計例:0°方向,地震時
(2) 45°方向
携帯電話鉄塔短期設計例:杭の短期鉛直応力, 45°方向

<風向時>

携帯電話鉄塔短期設計例:45°方向,風向時

<地震時>

携帯電話鉄塔短期設計例:45°方向,地震時
TOP