鉄骨造用途

工場・倉庫や幼稚園、老健施設、事務所など多くの建築物が鉄骨造で建設されています。
省エネ法の適合義務化やZEB化の推進などにより、非住宅の断熱需要は年々高まっています。
ネオマフォームは特長である高断熱性、耐火性を活かして鉄骨造の様々なところに採用されています。

ネオマフォーム・鉄骨造用途の各製品は大きく3つの用途に分類されます。
こちらでは用途別に製品をお探しいただけます。

外壁用途:角波・スパンドレル+ネオマフォーム複合品
角波等の下地にネオマ各製品を使用。

屋根用途:陸屋根(断熱防水)と勾配屋根(主に耐火断熱野地板として採用)。

天井用途:軽量な不燃断熱材を使った天井仕様。
主に工場などで採用。

その他の使用方法については別途お問い合わせください。

外壁用途

外壁材を選定する際、ALCや金属サンドイッチパネル、押出成型セメント板など様々な外壁材が候補に挙がります。
旭化成建材は、金属外装材(角波・スパンドレル)との組み合わせで、建物に高機能をもたらすネオマフォームの各種複合材料を取り揃えて、意匠性・断熱性・耐火性・軽量性に優れた仕様をご提案できます。

高い意匠性

豊富な金属外装材仕様に対応した防火・耐火構造認定を取得しております。
建物の意匠性を高めることに貢献できます。

高い断熱性

ネオマフォーム複合製品を活用することで、外壁部位での断熱性能を大きく高めることが可能です。他の外壁と比べても格段に高い性能をご提供できます。

防火・耐火性能

金属外装材との組み合わせで、防火・耐火認定を取得。
様々な耐防火上の建築条件に対応することが可能です。
内装の仕上げは不要な形で認定を取得しており、経済性にも優れています。

軽量性

防火・耐火構造となる外壁仕様を選択する際に、軽量性に優れた外装仕様をご提案することが可能です。

外壁 断熱性能・重量比較

耐火建築物用途の製品

準耐火建築物(ロ準耐2)用途の製品

金属外装材 断熱用途の製品

屋根用途

陸屋根(断熱防水)用途

ロンシール工業(株)
金属下地屋根シート防水システム概要図

鉄骨造の陸屋根仕様において、シート防水仕様は大きな選択肢の一つです。ネオマフォームはシート防水屋根の断熱性能を高めるために貢献しています。

デッキプレートにネオマフォームの高断熱性能と塩ビ防水シートの信頼性を組み合わせた、軽量かつ高性能なロンシール工業(株)の金属下地屋根シート防水システムに、ネオマフォーム高密度品が採用されています。

勾配屋根(耐火断熱野地板)用途

屋根仕様が勾配屋根となる際には、耐火野地板製品が広く用いられます。ネオマフォームは木毛セメント板、木片セメント板と複合することで、それぞれの野地板製品の断熱性能を大きく高めております。

  • 野地板が上なので、
    作業しやすい。

  • 断熱材が上だと
    吊子などが沈む。

  • 断熱材が強風で
    飛ばされたりしない。

竹村工業株式会社製品

TSプラスボード

屋根30分耐火構造
FP030RF-0088


ニチハ株式会社製品

だんねつ君

屋根30分耐火構造
FP030RF-0099-1(1)・(2)・(3)
FP030RF-1779-1(2),
FP030RF-1751-1(2)

天井用途

ネオマフォームFは、ネオマフォームの両面にアルミニウム箔を貼り合せ、不燃材料認定を取得した高機能製品です。
軽量で施工性も良いため、工場などの天井でも使用されます。

ご意見、ご質問など、問い合わせは、
下記フォームよりお願いいたします。