仕様検討例3 EAZET ETを活用した検討例

設計事例:EAZET ET例

立面図

EAZET ET例:立面図

杭伏図

EAZET ET例:杭伏図

1. 仕様検討条件

(1)支持層:
EAZET ET例:支持層
(2)杭材質:
EAZET ET例:杭材質
EAZET ET例:杭材質
  • Dw:杭先端羽根部径(mm) 
    Do:杭本体部径(mm)

・土質柱状図と基礎

EAZET ET例:土質柱状図と基礎

2. 許容鉛直支持力Raの算定

杭材及び地盤の許容支持力により、イーゼット工法の各杭における鉛直支持力を決定する。

EAZET ET例:許容鉛直支持力Raの算定
EAZET ET例:許容鉛直支持力Raの算定2

・長期許容鉛直支持力

EAZET ET例:長期許容鉛直支持力
  • 注意:ETを使用した場合は、ETから上部の周面摩擦力は考慮できません。

・判定

EAZET ET例:判定

・短期許容鉛直支持力

EAZET ET例:短期許容鉛直支持力

3. 杭明細

EAZET ET例:杭明細

・各支点への割付

割付,長期軸力,杭反力

4. 地震時水平力に対する検討

地震時水平力に対する検討は、『地震力に対する建築物の基礎の設計指針』日本建築センターによる。尚、水平力による解析は、多層地盤を考慮した解析法による。

1.地震設計用外力
EAZET ET例:地震設計用外力
2.水平方向地盤反力係数
EAZET ET例:水平方向地盤反力係数

・各層ごとの水平方向地盤反力係数

E0,液状化低減係数,補正
3.横方向係数β値の算定
EAZET ET例:横方向係数β値の算定
4.地震時水平力の検討

地震時水平力の検討は、各杭の杭頭変位が等しくなるように分配し、杭頭に集中力として作用させた場合について検討を行う。水平力によって生じる杭体の曲げモーメント、変位等は弾性支承ばりとし、多層地盤にて計算を行う。

EAZET ET例:地震時水平力の検討
  • 詳細は、土木技術40巻12号
    「杭の断面力計算プログラム」参照
(1)水平力の分担

杭径が数種類ある場合は、杭頭変位 yoを等しくする条件から、表に示すように変位量から逆算して水平力を求める。

EAZET ET例:水平力の分担
(2)杭体に発生する曲げモーメント、変位等
EAZET ET例:杭体に発生する曲げモーメント、変位等
(3)杭材の諸元と荷重条件
EAZET ET例:杭材の諸元と荷重条件
(4)杭材応力度の照査
EAZET ET例:杭材応力度の照査
5.変形量及び断面力

①上杭φ318.5mm STK490 12.7mm
下・中杭φ267.4mm STK490 8.0mm

EAZET ET例:変形量及び断面力

②上杭φ267.4mm STK490 12.7mm
下・中杭φ267.4mm STK400  8.0mm

EAZET ET例:変形量及び断面力2
TOP