へーベルライトとは

ヘーベルライトの構造

ヘーベルライトの構造

ヘーベルライトはパネルの厚さの中心部分に防錆処理を施したラス網※を内蔵し、軽量気泡コンクリート(ALC)と一体成型されています。ヘーベルライトの均質な強度と加工性の良さの秘密は、このような独自の構造を持つことにあります。

※長尺パネル、コーナーパネルについては搬送時、ハンドリング時の荷重等を考慮して、補強材に鉄筋を用いています。

素材

ヘーベルライトの物性

ヘーベルライトは乾燥収縮や熱膨張率が小さく、反り、たわみなどの変形が起こりにくい安定した材料です。

ヘーベルライト物性一覧表

項目 物性値
密度 600kg/m3【気乾】
圧縮強度 4.0N/mm2【気乾】
曲げ強度 1.0N/mm2【気乾】
全面吸水率 33vol%(21日間)
一面吸水率 12vol%(21日間)
透水 4.8cm(水頭20cm24時間)
乾燥収縮率 0.05%以下
透湿比抵抗 5.33×103m・h・Pa/g
(湿度84.5%時)
熱伝導率*1 0.17 W/(m・K)【気乾】
比熱 1047J/(kg・K)
熱膨張率 7×10-6【常温】
質量 30kg/m2【気乾】

※物性値はメタルラスを除く母材部分の測定値の代表値です

*1平成28年省エネルギー基準関係技術資料に記載されている値は、0.19 W/(m・K)です。

ヘーベルライトの適合規格
および工事仕様

ヘーベルライトはJIS A 5416軽量気泡コンクリートパネル「ALCパネル」の薄形パネルに適合します。
また、工事仕様は日本建築学会が編集した「建築工事標準仕様書・同解説 JASS27 乾式外壁工事 4節 ALC薄形パネル外壁工事」に規定されています。

建築工事標準仕様書・同解説
JASS27
乾式外壁工事

ヘーベルライトの適合規格および工事仕様

日本工業規格
JIS A 5416
「軽量気泡コンクリートパネル
(ALCパネル)」

ヘーベルライトの適合規格および工事仕様
TOP