基本物性

種類

JIS A 9521フェノールフォーム断熱材1種2号CⅡF☆☆☆☆
JIS A 9511A種フェノールフォーム保温板1種2号F☆☆☆☆

基本物性比較

製品名及び
断熱材の種類
ネオマ
フォーム
JIS A 9521
フェノール
フォーム
断熱材
1種2号CⅡ
JIS A 9521
押出法
ポリスチレン
フォーム断熱材3種bA
JIS A 9521
ビーズ法
ポリスチレン
フォーム
断熱材3号
JIS A 9521
硬質ウレタンフォーム
断熱材
2種2号A
密度
(kg/m³)
27 25以上 25以上 20以上 25以上
熱伝導率
[W/(m・K)]
0.020 0.020以下 0.028以下 0.038以下 0.024以下
曲げ強さ
(N/cm²)
45 15以上 25以上 18以上 15以上
圧縮強さ
(N/cm²)
17 10以上 20以上 8以上 8以上
吸水量
(g/100cm²)
1.7 5.0以下 0.01以下 1.0以下 3.0以下
透湿係数 25mm厚
[ng/(m²・s・Pa)]
42※1 60以下 145以下 250以下 40以下

※1 透湿比抵抗 9.6×1011((m・s・Pa)/kg)
ネオマフォームの物性値は、測定データの代表値
<試験方法>
■密度、曲げ強さ、圧縮強さ、吸水量、透湿係数:JIS A 9521、JIS A 9511
■熱伝導率:JIS A 1412
ネオマフォーム以外の物性値は、「JIS A 9521建築用断熱材」(2017)による。

ネオマフォーム基本物性表

主要性能一覧

※下記性能値は、測定データの代表値であり保証値ではありません。

項目 試験方法 試験結果
[1] 耐侯性 JIS D 0205準拠
サンシャインウェザーメーター
照射1000時間
(屋外曝露約2年に相当)
変色
欠損および体積減
:茶褐色に変色
:なし
[2] 有毒性 OECDガイドライン準拠 急性経口毒性 :なし
急性経皮毒性 :なし
急性皮膚刺激性 :なし
皮膚感作性(アレルギー性) :なし
急性眼刺激性 :なし
変異原性 :なし
急性吸入毒性 :なし
[3] 廃棄時
有毒性
溶出試験
(昭和48年環境庁告示
第13号に準拠)
水銀およびアルキル水銀
その他水銀
:不検出
カドミウムおよびその化合物 :不検出
鉛およびその化合物 :不検出
六価クロム化合物、
ひ素およびその化合物
:不検出
シアン化合物、
ポリ塩化ビフェニル(PCB)
:不検出
トリクロロエチレン、
テトラクロロエチレン
:不検出
メチルジメドン、
メチルパラチオン
:不検出
パラチオン、EPN :不検出
[4] 耐薬品性 ASTM D 543準拠 ガソリン :収縮・膨潤の著しい変化を
認めない※
ベンゼン :収縮・膨潤の著しい変化を
認めない※

※ 測定結果から、質量変化率の有効数字を2桁(3桁目を四捨五入)とし、±100%以内。