ホームの中の企業情報の中の会社沿革

会社沿革

昭和38年 松戸工場完成、シリカリチート生産開始
昭和40年 西独より「ヘーベル」技術導入
昭和41年 クロスパイル生産開始
昭和42年 松戸工場ヘーベル生産開始
昭和43年 富士建材工場完成、AHSパイル生産開始
昭和44年 穂積パイル工場完成、AHSパイル生産開始・松戸工場にて「ヘーベルライト」生産開始
昭和45年 白老、岩国両パイル工場完成、AHSパイル生産開始 ・ 穂積ヘーベル工場完成、生産開始
昭和46年 穂積工場にて「ヘーベルライト」生産開始
昭和47年 境パイル工場、AHSパイル生産開始
ヘーベル大型壁パネル「ヘーベルGP」開発
住宅事業部発足、ヘーベルハウス本格販売開始
昭和48年 境ヘーベル工場完成、生産開始
昭和49年 白老ヘーベル工場完成、「ヘーベル」「ヘーベルライト」生産開始
岩国ヘーベル工場完成、生産開始
ACCSパイル生産開始
昭和51年 旭化成建材(株)設立
昭和54年 「ヘーベル」デザインパネル発売・FRP人工魚礁生産開始
昭和55年 境パワーボード工場完成、生産開始
昭和57年 「ヘーベルライト」デザインパネル発売
昭和58年 「ヘーベルパワーボード」デザインパネル発売
ヘーベルライト・パワーボード製造技術に関し全国発明賞受賞
AT魚礁生産開始
昭和59年 断熱材「サニーライト」販売開始
昭和60年 富士グランデ工場完成、超軽量コンクリートパネル「グランデ」本格発売
昭和61年 ヘーベル「HDR工法」開発・発売
昭和62年 露出型弾性固定柱脚工法「ベースパック」発売
浮桟橋生産開始
平成2年 穂積ヘーベル第二工場稼働
平成4年 狭隘敷地用高支持力基礎システム「CITY GUY(シティガイ)」発売、旭化成シティガイ(株)設立
平成6年 羽根付鋼管杭「EAZET(イーゼット)」発売
浮魚礁生産開始
平成10年 ヘーベル系「ジーファス」シリーズ発売
平成11年 高支持力埋設工法「DYNABIG(ダイナビック)」発売
平成12年 境ネオマフォーム工場完成、高性能断熱材「ネオマフォーム」発売
鋳鋼製柱はり接合部材「ファブラックス」発売
東京本社を千代田区内幸町より港区芝大門へ移転
平成14年 高摩擦力無排土工法「ATT(アット)コラム」発売
平成15年 軽量耐火野地板「ノジレックス」発売
旭化成グループの分社・持株会社制移行に伴い、旭化成(株)建材カンパニーの事業(建材の製造、研究部門等)を承継
平成16年 東京本社を港区芝大門より港区東新橋へ移転
平成17年 新・軽量屋根材「ナノルーフ」発売
平成18年 現場無溶接の柱継手工法「イーカプラ」発売
低排土・高支持力杭工法「DYNAWING(ダイナウィング)」発売
鉄骨梁貫通孔補強鋼材「フリードーナツ」発売
平成20年 東京本社を港区東新橋より千代田区神田神保町へ移転
小規模建築用地盤改良工法「CSV」発売
平成21年 木造ALC住宅用火災保険「トライアングルA」取扱い開始
平成22年 木造住宅床用断熱材「Jupii(ジュピー)」発売
平成24年 鉄骨造建築物用 柱・はり接合工法「ファブラックスDS」発売
平成26年 ネオマフォーム工場増設ライン完成、生産開始