• ネオマフォームとは
  • 製品ラインナップ
  • 木造住宅用途
  • 鉄骨造・RC造用途
  • 産業資材用途
  • よくあるご質問

旭化成の断熱材 ホーム > ネオマフォーム > ネオマフォームとは > ネオマフォームのひみつ


断熱を、きちんと考えるならネオマフォーム。

断熱材はこれからずっと暮らしていく家の大切な構成要素。
高性能で安心できる断熱材を選ぶことが大切です。

ネオマフォームの4つの基本性能

高い断熱性 安全性 長期断熱性能 高い断熱性

「フェノール樹脂」とは?

「フェノール樹脂」とは、熱硬化性樹脂の一つで、世界で初めて人工的に合成されたプラスチック。多くのプラスチックが、 熱を受けると溶けるのに対して、フェノール樹脂は熱に強く、熱で硬化する特徴があります。そのため、1900年代初頭から、高い耐熱性・ 難燃性が求められる箇所に幅広く用いられています。身近なところでは、フライパンの取っ手、自動車の部材、プラスチック灰皿等 に用いられています。

世界最高レベルの断熱性能

数値が小さいほど、断熱性能が高いことを表す熱伝導率。ネオマフォームは世界最高レベルの0.020W/(m・K)で、他の断熱材と比較しても、圧倒的な断熱性能を誇ります。

同断熱性能の場合の厚さ比較

熱伝導率:ネオマフォームは平均温度20℃における代表値。
他は(財)建築環境・省エネルギー機構『住宅の省エネルギー基準の解説(第3版)』に記載の値。