ネオマフォームの
生産・物流拠点

ネオマフォームは、全国各地に生産・物流拠点があります。

ネオマフォームの製造工程

ネオマフォームの製造工程をご紹介します。
フェノール樹脂を原料から合成します。
上下に面材をセットし、フェノール樹脂を加熱しながら発泡させ形を作ります。
追加で加熱し、硬化反応を進め、性能を発現させます。
寸法を整えて梱包し、出荷します。

ネオマフォームの品質管理

以下の4段階で工程管理を行い、品質を厳格に管理しています。
成形工程
外観、密度、寸法等の管理を実施します。
加工工程
外観、寸法の管理を実施します。
梱包工程
外観、梱包状態管理、ラベルチェックを実施します。
最終検査(物性検査)
最終的な物性確認を行い、
JIS特性への適合判定を行います。
ネオマフォームのJIS規格
JIS A 9511(発泡プラスチック保温材) JIS A 9521(建築用断熱材)
ネオマフォーム フェノールフォーム保温板1種2号C F☆☆☆☆ フェノールフォーム断熱材1種2号CⅡ F☆☆☆☆
ネオマジュピー フェノールフォーム断熱材1種3号CⅡ F☆☆☆☆
ネオマゼウス フェノールフォーム保温板1種2号E F☆☆☆☆ フェノールフォーム断熱材1種2号EⅡ F☆☆☆☆

ネオマフォームの
トレーサビリティ

お客様が安心してご利用いただけるよう、製品トレーサビリティに配慮しております。
主なトレース項目(抜き取り実施)
  • 品種・品名
  • 製造年月日、製造LOT
  • 原材料管理記録
  • 製造時の各工程管理記録
  • 出荷記録 等
  • 〈製品裏面への印字〉
    〈製品ラベル〉

    ネオマフォームの環境性能

    ネオマフォームは、地球環境のことをしっかりと考えた断熱材。
    ノンフロン発泡を高性能クラスで実現し、工場内や出荷後のリサイクルにも取り組んでいます。