ネオマフォーム
ヒストリー
~旭化成と断熱材のあゆみ~

1962年~
断熱材事業スタート

旭化成は、ダウケミカル社とともに合弁会社の旭ダウを設立し、1962年に押出法ポリスチレンフォーム「スタイロフォーム」という断熱材の販売を開始した。旭化成の断熱材の歴史はここから始まる。

1984年~
「サニーライト」を発売

後に、旭化成はダウケミカル社と合弁を解消することになり、スタイロフォームの取扱いはなくなった。しかし、断熱材事業を継続したいとの思いから新たな素材の開発を行い、1984年、ポリエチレン系断熱材「サニーライト®」を上市した。サニーライトは湿気に強く、柔軟性が高く施工性能の良いことから、木造住宅の床用途に広く採用され大きく販売を拡大させていく。

サニーライト

「高性能で、燃えにくい発泡系断熱材を作りたい」

しかし、日本の建材業界には、耐火・耐熱性の高い発泡プラスチック系の断熱材は存在していなかった。
そこで、旭化成は、これまでなかった断熱材を世の中に出すため、「燃えにくい、高性能な、発泡系の断熱材」の研究開発に取りかかる。

まず、三重県鈴鹿の研究所において、フェノール樹脂に目をつけて、フェノールフォームの研究が始められた。フェノール樹脂とは古くからある樹脂で、他の樹脂に比べて耐熱・耐火性に優れている。鈴鹿の研究所にベンチプラントを設置し研究を開始するものの、2年後にこの研究は一時中断となる。
一方、茨城県の建材研究所でも、1980年頃から同様に様々な断熱材料を試して研究開発に取り組んでいた。

これは燃えにくい断熱材の開発の初期の試作品。黒曜石を原料に作られた泡ガラス。十分な断熱性能、生産性が出なかった。

数々の試行錯誤の結果、建材研究所においても、素材として断熱・耐火性に優れたフェノールがベストとの結論に至る。そして、4年前に鈴鹿研究所で行われ、一時中断となっていた研究のノウハウも引き継ぎ、さらに研究を深め発展させていく。

1990年~ 海外技術の調査へ

これまでの研究で判明したフェノールフォームをさらに改良するため、全世界のフェノールフォーム技術の調査を開始する。
その中から、最も優れていると判断した企業から基礎技術の導入を決定する。

1995年~ 海外技術の導入へ

そして、95年から97年にかけて計4回、延べ約8ヶ月間にわたり、旭化成の技術陣を派遣し、製造技術の研究を行う。

第1回訪問時に作成したフェノールフォームの試作品。凹凸があるなど、品質の安定した製品を生産することが困難であった。 旭化成の研究者と海外メーカーの研究者との会食。(第2回目の訪問時に撮影。)

日本との往復、試作検討の繰り返しにより、安定生産技術を確立、数千m2分の試作サンプルを製造して、日本に持ち帰る。

1997年~ ノンフロン発泡への挑戦

当時、断熱材の発泡技術はフロン系ガスによるものが一般的であった。しかし、1990年代半ばから、オゾン層破壊や地球温暖化につながるとしてフロン系ガスの問題が叫ばれ始めていた。
旭化成では、「ノンフロン発泡で事業化する」という方針を立て、「未知の技術」に向けてさらに研究を重ねる。
そして、ノンフロンで長時間運転可能な製造技術を確立させる。こうして、業界で初めてノンフロン発泡された高性能断熱材フェノールフォームを完成させた。

「パイロットプラント完成」
1998年、福島県小名浜にパイロットプラントが完成。その年の10月より、寒冷地の北陸と北海道を中心に、開発名称「PF-21」としてフェノールフォームのリサーチ販売を開始した。
そして、1999年茨城県猿島郡境町に本プラントの建設に着手する。

市場リサーチ用カタログ 2000年秋発売予告カタログ

2000年~ ネオマフォーム誕生

2000年夏、本プラントが完成。商品名を「ネオマフォーム®」に決定し、10月よりネオマフォームの本格販売を開始する。
ネオマフォームは、主に住宅分野の外張り断熱工法に使用され、多くの住宅に使われるようになっていった。

NEOMA ネオマフォーム
2001年省エネ大賞受賞式。旭化成建材当時社長鈴木氏。
平成12年度省エネ大賞、第6回オゾン層保護・地球温暖化防止大賞優秀賞受賞

ネオマフォームは、地球環境適合型の高性能断熱材として評価を受け2001年(財)省エネルギーセンターによる「省エネ大賞」を受賞、2003年には「オゾン層保護・地球温暖化防止大賞」を受賞する。
その後ネオマフォームは、断熱性だけではなく高い耐火性能も評価され、非住宅の建築物にも採用を伸ばしていった。それらの分野の用途に向けて、ネオマフォームの複合製品として「ネオマフォームF」(02年)、「ネオマフォームDH」(03年)、「ネオマフォームUF」(05年)、「ネオマ耐火スパンウォール」(06年)と、次々と新製品を出していった。

(02年)ネオマ®フォームF (03年)ネオマ®フォームDH(05年)ネオマ耐火スパンウォール®

また、ネオマフォームは、住宅分野・建築分野だけでなく、新幹線、飛行機など非常に高い性能が求められる分野においても使用されていった。

2005年にはネオマフォームのマテリアルリサイクルによる生産を開始する。
そして、2009年に広域認定も取得し、自治体を超えて広く廃棄物を回収することができるようになった。
同年ネオマフォームは、平成21年度全国発明表彰(主催:社団法人発明協会)において「発明賞」を受賞した。これは「ネオマフォームの、気泡の微細化の構造、気泡壁に孔のない高い独立気泡率の構造」という優れた技術が評価されたものである。

平成21年度全国発明表彰(主催:社団法人発明協会)の「発明賞」を受賞

2006年 断熱の大切さを広く知ってもらうために

2006年、ネオマフォームと、住まいを断熱することの大切さを広く知ってもらいたいとの思いから、ネオマフォームのテレビCMを一年間行う。
これは、自然をテーマにしたミニ番組「ibuki」を協賛する形で行ったものだ。

断熱についてわかりやすく解説した絵本「『断熱しようョ!』快適環境book」、及びDVD「よくわかる外張り断熱解説ドラマ『凛ちゃんちと優くんち』」を制作し、幅広く認知活動を行った。

テレビ番組「ibuki」ポスター

2010年~ ジュピー誕生

2010年、ネオマフォームの高い断熱性能をそのままに、床の充填をしやすいように改良したフェノールフォーム断熱材を開発し、「ジュピー®」として上市する。

ジュピー写真

2011年~
被災地復興への協力

2011年3月11日東日本大震災。茨城県猿島郡にあるネオマフォーム工場も甚大な被害を受け、生産ストップとなる。
以後、懸命な努力の結果、4月下旬より復旧となる。

東日本大震災の復興支援のため、ネオマフォームを通して、復興支援事業に積極的に協力をしている。そのうちいくつかの事例をご紹介する。

ネオマフォームが採用された復興関連施設

岩手県陸前高田市、
まちのリビングプロジェクトにおける
仮設カフェ「りくカフェ」

施工:住友林業株式会社

東松島市
ひびき工業団地の仮設住宅
敷地内で建設された、木造仮設診療所
(北原ライフサポートクリニック東松島)

施工:住友林業株式会社

石巻市桃浦
『牡鹿半島のための地域再生
最小限住宅「板倉の家」』

企画:アーキエイド

協力:つぐっぺおらほの復興家づくりの会

施工:有限会社 後藤建業

2012年~ 実績と評価

2012年、建築家や研究者・施工者・建材メーカーらで構成されている研究活動の一環として、2011 年より毎年「優れた建築を生み出すことに貢献しうる、優れた建材・製品」に贈られている「HEAD ベストセレクション賞」を受賞。
ネオマフォームが誇る難燃性・断熱性の高さに加え、結露しにくい点やコストパフォーマンスの高さが挙げられ、木造住宅の外張り断熱工法に必須の断熱材として高く評価された。

「HEAD ベストセレクション賞」 の賞状

また、日経BP社発行の建築総合情報誌「日経アーキテクチュア」2012年12月10日号の「採用したい建材・設備メーカーランキング2012」にて「断熱材」「戸建て住宅用外張り断熱工法」部門で3年連続第1位に。
また同社発行の家づくりの実務情報誌「日経ホームビルダー」2013年1月号の「採用したい建材・設備メーカーランキング2012」「戸建て住宅用外張り断熱工法部門」でも第1位に選ばれた。
この調査は一級建築士や住宅建設の実務者など約5万2000人を対象にしていた国内最大規模の調査で、日経アーキテクチュアでは3年連続一位であり、過去8回中7回一位を獲得している。

日経アーキテクチュア採用したい建材・設備メーカーランキング2012「断熱材」「戸建て住宅用外張り断熱工法」部門1位受賞のトロフィー

同年5月には「昨日まで世界になかったものを。」をスローガンとする旭化成グループの全社CMにネオマフォームが取り上げられた。
「問題/暑さが人災になっている。」がテーマのこのCMは、「ヒートアイランド現象」の原因となる家庭からの熱の排出を抑制し、省エネに貢献する画期的な断熱材を開発したことを報告している。

昨日まで世界になかったものを。AsahiKASAEI

2013年~
「サニーライト」販売終了と
ジュピーフルプレカット
サービスの開始

2013年3月、約30年にわたって販売をしてきたサニーライトを販売終了する。これは、住宅の高断熱化の流れのなかで、サニーライトの役割に一つの区切りがついたためである。
そして、サニーライトの後継品となるジュピーの生産を増強するため、及び、ネオマフォームをさらに市場に供給していくため、ネオマフォーム工場を増設することが決定され、建設が開始された。

同年には、ユーザー提供の建築図面から、床断熱材のパーツの拾い出しと寸法カットを行う、ジュピーの「フルプレカット」を開始。現場加工をなくすことで工期短縮、廃材の削減、施工品質の安定に貢献するサービスとして支持されている。これに対応するため全国に断熱材加工のストックポイントを整備した。

2014年~
工場製造ラインの増設、断熱リフォームの取組み、省エネ基準を超える住宅の研究と
提案

1.ネオマフォーム工場の製造ライン増設完了

2014年3月、ネオマフォーム工場の増設工事が完了。
4月より本格稼働が始まる。製造ラインの増強により市場への供給が強化された。
これにより準耐火建築物に対応の「ネオマフォームFS」、断熱リフォーム専用「ネオマ断熱ボード」、また、高断熱・低燃費化を見据えてネオマフォームの厚物品(80mm・95mm・100mm)が次々と新発売された。

ネオマフォームFS ネオマ断熱ボード ネオマフォーム100mm

2.断熱リフォームの取組み

石膏ボードとの複合品「ネオマ断熱ボード」の発売によって、既存住宅の省エネ化と居住性改善を目的とした断熱リフォームの本格展開を開始した。既存の内装材を極力活かす内張り断熱工法と、居住部分だけを改修する「ゾーン断熱」によって、生活者の負担の少ない住みながらの断熱リフォームを提案。また、産官学連携の高断熱化が健康に及ぼす影響調査に参画、以後、断熱リフォームの普及活動を継続している。

3.省エネ基準を超える住宅の研究と提案

①「快適空間研究所」の設立

2014年、室内の温熱環境の研究とマーケティング活動を行う「快適空間研究所」を設立。
「あたたかい暮らしの実現」を目指した調査、情報発信、啓発活動を開始した。

②「ニホンノ家ハサムイデス」新聞広告

2014年、「健康を守る断熱材へ。」というコンセプトのもと、全国規模の新聞・雑誌に「ニホンノ家ハサムイデス」というキャッチコピーで広告を掲載。日本よりも冬の寒さが厳しい国から日本に移り住んだ人が、日本の冬の家の寒さに驚く事例を通じて、断熱材の必要性を訴える内容。同年の複数の広告賞を受賞し、話題を集めた。

③「快適空間ラボラトリー」開設

2017年1月、「快適空間研究所」の研究成果として茨城県猿島郡境町に「体験棟」と「展示棟」からなる「快適空間ラボラトリー」が完成。「体験棟」は宿泊体験が可能で、夏・冬ともエアコン1台で家全体が快適な暮らしを体験することができる。「展示棟」は素材や設備の展示の他、説明パネルや実験模型などにより、これまでわかりにくいとされてきた温熱環境や断熱性能に関する知識を楽しく学べる場となっている。

④「NEOMA-Box」の提案

2017年6月、省エネ基準を超える住宅の入り口にあたるZEH(ゼロエネルギー住宅)の規格住宅である「NEOMA-Box」を開発。間取りや部材を含めZEHに必要な要素と営業支援ツールをパッケージ化することで、幅広いユーザーのZEH対応を支援することを目標としている。

2017年 ネオマゼウスの開発とネオマブランドの再編

2017年、ネオマフォームの特長を活かしつつ断熱性(0.018W/(m・K))および環境性能を向上させたネオマゼウスを開発した。
これに伴い「ジュピー」の名称を「ネオマジュピー」に変更、ブランドロゴの統一に加え、ネオマフォームを含めた製品表面デザインを一新した。

未来のために

旭化成建材は断熱材を通して地球環境問題に貢献する活動にも注力している。

地球環境問題と断熱材をテーマにした出張授業を行うなど、様々なレベルで地球環境への取り組みを広げようとしている。

2014年8月岩手県高校生を対象に「旭化成の描く近未来の暮らし」と題し、旭化成グループの事業紹介や環境への取組み、物造りを通して見る未来への想いなどを伝える授業を実施。
2008年3月高校生を対象に地球温暖化問題と断熱材について授業を実施している様子と、2012年岐阜県の保育園木育モデル園プロジェクトにおいて、園児に対する「だんねつ」の授業を実施している様子

また、毎年、環境問題を集めた展示会「エコプロダクツ展」にも出展、幅広くネオマフォームの技術を伝えている。