木造住宅(ネオマフォーム・ネオマゼウス)に関して

施工・工法

Q.01ネオマフォーム・ネオマゼウスは基礎断熱に使用できますか?

A.01

ネオマフォーム・ネオマゼウスを基礎断熱に使用する場合は、室内側への後貼り施工として下さい。

Q.02ネオマフォーム・ネオマゼウスをコンクリートに接着する場合、
どのような接着剤を使えば良いですか?

A.02

変成シリコーン樹脂系接着剤をおすすめします。

Q.03透湿防水シートは使用した方が良いですか?

A.03

透湿防水シートの有無などの外壁防水設計は、外装材メーカー様が検討するものですので、外装材メーカー様にお問い合わせください。弊社としては外装材の仕様にもよりますが、防水性能を確保するために、透湿防水シートを使用することを推奨しています。

Q.04外張り断熱では、ビスと気密テープはどのくらい使用しますか?

A.04

外装材の種類(重量)、断熱材厚さにより異なりますので、詳しくは「ネオマフォーム外張り工法施工標準」をご参照ください。

Q.05外張り断熱では、外装材がズレたり、落下したりする危険性はないのですか?

A.05

外張り断熱専用ビスを外装材の重量に基づく規定のピッチで使用していただければ問題ありません。(過大な地震・災害の場合は除きます。)

Q.06厚さ何mmのネオマフォームを使用すればよいですか?

A.06

ネオマフォームカタログに「住宅性能表示 等級別必要厚さ表」がありますのでご参照ください。

Q.07ネオマフォーム・ネオマゼウスは充填断熱にも使用できますか?

A.07

充填断熱にも、ご使用いただけます。ネオマフォームには屋根垂木間充填用のサイズのカット品もあります。詳しくは製品規格のページをご覧ください。

Q.08施工中にネオマフォーム・ネオマゼウスが欠けた場合はどうすればよいですか?

A.08

断熱性能確保のためには、補修を行ってください。欠損部分を成形し、その形状に合わせて加工したネオマフォーム・ネオマゼウスの小片をはめ込み、接着剤・テープ等で固定する方法や、現場発泡断熱材を用いる方法等があります。