鉄骨造に関して

全般

Q.01鉄骨造用途としてどのような工法がありますか?

A.01

ネオマ耐火スパンウォールを始めとする、他メーカーの金属外装材を仕上げ材として用いる製品の工法をご用意しています。その他、窯業系外装材とネオマを組合せた工法もございます。詳細はお問い合わせください。

Q.02防耐火認定の取得状況について教えてください。

A.02

建物の用途や規模に応じて、耐火構造・防火構造・不燃材料の各大臣認定を取得しています。その他、建材メーカー様が独自で認定を取得している工法もございます。

金属外装材(外壁)

Q.03どのような製品がありますか。

A.03

耐火構造「ネオマ耐火スパンウォール」、防火構造「ネオマフォームFS」、その他不燃材料認定品で「ネオマフォームF」をラインナップしています。

Q.04金属外装材なら全て使用できますか?

A.04

耐火構造・防火構造ともに角波鋼鈑とスパンドレル鋼鈑が使用できます。但し、認定上形状と寸法が規定されていますので、認定の範囲を厳守してください。また、アルミ外装材は認定外となりますので、使用できません。

Q.05準耐火建築物に対応可能ですか?

A.05

ネオマフォームFSは、30分防火構造と不燃材料認定を取得していますので、準耐火建築物〈ロ準耐2〉に対応しています。

Q.06寒冷地で使用したいのですが、ネオマフォームの厚さは何ミリまで使用できますか?

A.06

ネオマ耐火スパンウォール及びネオマフォームFSでは、ネオマフォームの厚さは最大で50mmです。

Q.07複合耐火認定は取得していますか?

A.07

ネオマ耐火スパンウォールは、非耐力壁耐火30分と60分の認定を取得していますが、複合耐火構造は取得していません。

屋根分野

Q.08屋根に使用できる製品はありますか?

A.08

木質系セメント板とネオマフォームを複合した耐火断熱野地板があります。弊社の製品ではありませんが、お問い合わせください。

Q.09シート防水に使用できますか。

A.09

シート防水メーカー様で断熱材としてネオマフォームを設定している工法があります。詳細はお問い合わせください。