• ネオマフォームとは
  • 製品ラインナップ
  • 木造住宅用途
  • 鉄骨造・RC造用途
  • 産業資材用途
  • よくあるご質問

旭化成の断熱材 ホーム > ネオマフォーム > 製品ラインナップ


製品ラインナップ

高断熱
ネオマ®フォーム
打込み・断熱補強・高断熱
ネオマ®フォームDH
打込み・不燃・高断熱
ネオマ®フォームUF
耐火・金属外装下地・高断熱
ネオマ耐火スパンウォール®
不燃・金属外装下地・高断熱
ネオマ®フォームFS
不燃・後張り・高断熱
ネオマ®フォームF
内装断熱リフォーム・高断熱
ネオマ®断熱ボード

ネオマ®フォーム

フェノールフォーム

フォーム素材 面材 密度〔kg/m³〕 熱伝導率〔W/(m・K)〕
フェノールフォーム ポリエステル不織布 27 0.020

製品規格

1.3×6板、メーター板、3×10板
  「JIS A 9521フェノールフォーム断熱材1種2号CU、JIS A 9511A種フェノールフォーム保温板1種2号」

幅×長さ(mm) 910×1,820 1,000×2,000 910×3,030 熱抵抗
厚さ(mm) 枚/ケース 品番 品番 品番 [(m²・K)/W]
20 18 20-R6 20-RM 20-R0 1.0
25 15 25-R6 25-RM 25-R0 1.3
30 12 30-R6 30-RM 30-R0 1.5
35 10 35-R6 35-RM 35-R0 1.8
40 10 40-R6 40-RM 40-R0 2.0
45 8 45-R6 45-RM 45-R0 2.3
50 8 50-R6 50-RM 50-R0 2.5
60 6 60-R6 60-R0 3.0
66 6 66-R6 66-R0 3.3
80 5 80-R6 4.0
95 4 95-R6 4.8
100 4 100-R6 100-R0 5.0
2017年4月より、20mm品は20枚から18枚に、25mm品は16枚から15枚に入数が変更になりました。

2.ネオマフォーム屋根用カット品
  「JIS A 9521フェノールフォーム断熱材1種2号CU、JIS A 9511A種フェノールフォーム保温板1種2号」の幅/長さを切断加工した製品

 
構造 たる木ピッチ(mm) 品番 厚さ×幅×長さ(mm) 枚/ケース 熱抵抗
[(m²・K)/W]
軸組工法 455 45-CR 45×409×1820 4 2.3
50-CR 50×409×1820 4 2.5
60-CR 60×409×1820 4 3.0
80-CR 80×409×1820 4 4.0
95-CR 95×409×1820 4 4.8
100-CR 100×409×1820 4 5.0
枠組壁工法 455 45-CA 45×415×1820 4 2.3
50-CA 50×415×1820 4 2.5
60-CA 60×415×1820 4 3.0
80-CA 80×415×1820 4 4.0
95-CA 95×415×1820 4 4.8
100-CA 100×415×1820 4 5.0

の規格は常備在庫品です。それ以外は受注生産品のため納期がかかる場合がありますので、事前にご相談ください。
ネオマフォームのフリーカット品・フルプレカット品・フリープレカット品の規格および品番については「neoma規格表」をご参照ください。

ホルムアルデヒドの放散について

ネオマフォームは、フェノールフォーム断熱材1種2号CUF☆☆☆☆(JIS A 9521)、A種フェノールフォーム保温板1種2号 F☆☆☆☆S(JIS A 9511)該当製品ですので、内装の露出の有無に関わらず使用面積の制限なくお使いいただけます。

ネオマ®断熱ボード

内装断熱リフォーム・高断熱

製品規格

構成
断熱材 複合材料
ネオマフォーム
JIS A 9521フェノールフォーム断熱材1種2号CU
JIS A 9511A種フェノールフォーム保温板1種2号
石膏ボード9.5mm

品番 厚さ (mm) 幅(mm) 長さ (mm) 重量※1 熱抵抗※2
[(m²・K)/W]
ネオマフォーム 石膏ボード 総厚 (kg/枚) (kg/m²)
RS-20 20 9.5 29.5 910 1820 12.1 7.3 1.0
RS-25 25 34.5 12.4 7.5 1.3
RS-30 30 39.5 12.6 7.6 1.5
※1
 標準的な重量を示しています。
※2
 ネオマフォーム単体(複合材料の断熱性能を含まない)の断熱性としています。省エネ計算を行う際には石膏
ボードの熱抵抗0.04 [(m²・K)/W]を加算することができます。(石膏ボードの熱伝導率:0.22W/(m・K)前提)
石膏ボード側の端部形状はベベルエッジです。  ※ 上記以外の厚さ商品については、別途、お問合せください。
ホルムアルデヒドの放散について

ネオマ断熱ボードは、以下の材料で構成されていますので、内装の露出の有無に関わらず使用面積の制限なくお使いいただけます。

断熱材規格 JIS A 9521フェノールフォーム断熱材1種2号CU F☆☆☆☆ 、JIS A 9511 A種フェノールフォーム保温板1種2号 F☆☆☆☆ S
石膏ボード 規制対象外製品
接着剤 非ホルムアルデヒド系

ネオマ®フォームDH

打込み・断熱補強・高断熱

上記は、厚さ12mmの製品外観です。21DH91と25DH91の片面には製品ロゴが印刷されています。

構成
断熱材 塗布剤
ネオマフォーム40K
JIS A 9521フェノールフォーム断熱材1種2号CU
JIS A 9511A種フェノールフォーム保温板1種2号
両面特殊樹脂

製品規格

受注生産品

品番 厚さ (mm) 幅×長さ (mm) 熱抵抗※1 [(m²・K)/W]
12DH45 12 455 × 1820 0.6
12DH49 ※2 455 × 2730
12DH60 600 × 1820
12DH69 ※2 600 × 2730
12DH91 910 × 1820
21DH91 21 1.1
25DH91 25 1.3

※1 熱抵抗はネオマフォームの断熱性をDHの性能としています。
※2 12DH49(12×455×2730)・12DH69(12×600×2730)の2品種は、関東甲信越・東北地区限定品種です。

ホルムアルデヒドの放散について

ネオマフォームDHは、以下の材料で構成されていますので、内装の露出の有無に関わらず使用面積の制限なくお使いいただけます。

断熱材規格 JIS A 9521フェノールフォーム断熱材1種2号CU F☆☆☆☆ 、JIS A 9511 A種フェノールフォーム保温板1種2号 F☆☆☆☆ S
表面塗材 非ホルムアルデヒド系樹脂

ネオマ®フォームUF

打込み・不燃・高断熱



構成
断熱材 複合材料
ネオマフォーム40K※
JIS A 9521フェノールフォーム断熱材1種2号CU
JIS A 9511A種フェノールフォーム保温板1種2号
片面無機質板、片面紙面材

※34UF-90の断熱材はJIS A 9511A種フェノールフォーム保温板1種2号です。

製品規格

受注生産品

品番 厚さ (mm) 幅×長さ (mm) 熱抵抗 [(m²・K)/W] ※
総厚 ネオマフォーム
13UF-45 13 12 450 × 1800 0.6
13UF-90 900 × 1800
22UF-90 22 21 1.1
26UF-90 26 25 1.3
34UF-90 34 33 1.7

※熱抵抗はネオマフォーム単体(複合材料の断熱性能を含まない)の断熱性をUFの性能としています。

ホルムアルデヒドの放散について

ネオマフォームUFは、以下の材料で構成されていますので、内装の露出の有無に関わらず使用面積の制限なくお使いいただけます。

断熱材規格 JIS A 9521フェノールフォーム断熱材1種2号CU F☆☆☆☆、 JIS A 9511 A種フェノールフォーム保温板1種2号 F☆☆☆☆ S
紙面材 ホルムアルデヒド含有無
無機質板 ホルムアルデヒド含有無
接着剤 非ホルムアルデヒド系(規制対象外物質)

ネオマ耐火スパンウォール®

金属外装用下地高断熱・耐火パネル


製品規格 ネオマフォーム35mm、50mm品を追加しました。

構成
断熱材 複合材料
ネオマフォーム
JIS A 9521フェノールフォーム断熱材1種2号CU
JIS A 9511A種フェノールフォーム保温板1種2号
木毛セメント板

耐火性能 品番   幅×長さ
(mm)
重量※1
(kg/m²)
熱抵抗※2
[(m²・K)/W]
総厚
30分
耐火構造
20M-20 40 910×1820 16.7 1.0
20M-25 45 16.9 1.3
20M-30 50 17.0 1.5
20M-35 55 17.1 1.8
20M-50 70 17.5 2.5
60分
耐火構造
25M-20 45 910×1820 25.7 1.0
25M-25 50 25.9 1.3
25M-30 55 26.0 1.5
25M-35 60 26.1 1.8
25M-50 75 26.5 2.5

壁の断熱性能計算例

 (木毛セメント板の熱抵抗を加味した計算)

耐火性能 品番 熱貫流率※3
[W/(m²・K)]
30分
耐火構造
20M-20 0.77
20M-25 0.65
20M-30 0.56
20M-35 0.49
20M-50 0.36
60分
耐火構造
25M-20 0.75
25M-25 0.63
25M-30 0.54
25M-35 0.48
25M-50 0.35

※1
 標準的な重量を示しています。
※2
 ネオマフォーム単体(複合材料の断熱性能を含まない)の断熱性としています。
※3
 壁体はネオマフォーム及び木毛セメント板のみで構成されているものとし、かつ以下の数値を用いて算定しています。
木毛セメント板熱伝導率:[0.13W/(m・K)]、木毛セメント板の熱抵抗[(m²・K)/W]:30分耐火構造の場合0.15、
60分耐火構造の場合0.19、室内側熱伝達抵抗:0.11[(m²・K)/W]、室外側熱伝達抵抗:0.04[(m²・K)/W]
ホルムアルデヒドの放散について

ネオマ耐火スパンウォールは、下記の材料で構成されていますので、内装の露出の有無に関わらず使用面積の制限なくお使いいただけます。

断熱材規格 JIS A 9521フェノールフォーム断熱材1種2号CU F☆☆☆☆、JIS A 9511 A種フェノールフォーム保温板1種2号 F☆☆☆☆ S
木毛セメント板 規制対象外製品
接着剤 非ホルムアルデヒド系

ネオマ®フォームFS

口準耐2対応 不燃材料認定品


製品規格 ネオマフォーム35mm、50mm品を追加しました。

構成
断熱材 複合材料
ネオマフォーム
JIS A 9521フェノールフォーム断熱材1種2号CU
JIS A 9511A種フェノールフォーム保温板1種2号
石膏ボード12.5mm

品番 厚さ(mm) 幅×長さ
(mm)
重量※1
(kg/m²)
熱抵抗※2
[(m²・K)/W]
ネオマフォーム 総厚
FS-20 20 32.5 910×1820 9.2 1.0
FS-25 25 37.5 9.4 1.3
FS-30 30 42.5 9.5 1.5
FS-35 35 47.5 9.6 1.8
FS-50 50 62.5 10.0 2.5

壁の断熱性能計算例

(石膏ボードの熱抵抗を加味した計算)

品番 熱貫流率※3
[W/(m²・K)]
FS-20 0.83
FS-25 0.69
FS-30 0.59
FS-35 0.51
FS-50 0.37

※1
 標準的な重量を示しています。
※2
 ネオマフォーム単体(複合材料の断熱性能を含まない)の断熱性としています。
※3
 壁体はネオマフォーム及び石膏ボードのみで構成されているものとし、かつ以下の数値を用いて算定しています。
石膏ボード熱伝導率:[0.22W/(m・K)]、石膏ボードの熱抵抗[(m²・K)/W]:0.05、
室内側熱伝達抵抗:0.11[(m²・K)/W]、室外側熱伝達抵抗:0.04[(m²・K)/W]
ホルムアルデヒドの放散について

ネオマフォームFSは、以下の材料で構成されていますので、内装の露出の有無に関わらず使用面積の制限なくお使いいただけます。

断熱材規格 JIS A 9521フェノールフォーム断熱材1種2号CU F☆☆☆☆、JIS A 9511 A種フェノールフォーム保温板1種2号 F☆☆☆☆ S
石膏ボード 規制対象外製品
接着剤 非ホルムアルデヒド系

ネオマ®フォームF

不燃・高断熱


構成
断熱材 複合材料
ネオマフォーム
JIS A 9521フェノールフォーム断熱材1種2号CU
JIS A 9511A種フェノールフォーム保温板1種2号
両面アルミニウムはく

製品規格

品番 厚さ(mm) 幅×長さ
(mm)
重量※1
(kg/m²)
熱抵抗※2
[(m²・K)/W]
20-FR 20 910×1820 0.65 1.0
25-FR 25 0.79 1.3
30-FR 30 0.92 1.5
35-FR 35 1.06 1.8

壁の断熱性能計算例
品番 熱貫流率※3
[W/(m²・K)]
20-FR 0.87
25-FR 0.71
30-FR 0.61
35-FR 0.53

※1
 重量は標準的な重量を示しています。
※2
 ネオマフォーム単体(複合材料の断熱性能を含まない)の断熱性としています。
※3
 壁体はネオマフォームFのみで構成されているものとし、かつ以下の数値を用いて算定しています。
室内側熱伝達抵抗:0.11[(m²・K)/W]、室外側熱伝達抵抗:0.04[(m²・K)/W]
ホルムアルデヒドの放散について

ネオマフォームFは、以下の材料で構成されていますので、内装の露出の有無に関わらず使用面積の制限なくお使いいただけます。

原板規格 JIS A 9521フェノールフォーム断熱材1種2号CU F☆☆☆☆、JIS A 9511 A種フェノールフォーム保温板1種2号 F☆☆☆☆ S
面材 アルミニウムはく
接着剤 非ホルムアルデヒド系(規制対象外物質)

資料ダウンロード

各種カタログ・パンフレット・施工資料関係・基本物性表・設計価格表はPDFファイル にてダウンロードいただけます。

資料ダウンロード

Get ADOBE(R) READER(R)
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。(無料)
Adobe Readerのダウンロードページ