製品特長

RC外断熱
NOIM工法

NOIM工法は、ネオマフォームをコンクリートに後貼りし、専用アンカー、シャフト、胴縁等で通気層を確保する独自のRC外断熱乾式通気下地システムです。

NOIM工法の特長

NOIM工法は高性能断熱材「ネオマフォーム」を用いた「RC造外断熱システム」です。
さまざまな外装材を用いた外断熱通気工法を容易に実現できます。
新築工事はもちろん改修工事にも対応可能です。

1. 通気工法による高い耐久性

  • 壁体内の湿気や外部より浸入する雨水などが通気層を通して排出され、外装材・RC躯体の耐久性が向上します。
  • 縦胴縁はもちろん横胴縁の場合も通気層を確保できます。

2. 薄い壁厚

NOIM工法納まり例
従来工法例
  • 壁の薄厚化を徹底的に追求した画期的な取付構造です。
  • 『ネオマフォーム』の優れた断熱性により、さらに壁厚が薄くなります。

3. 外装デザインの自由選択

  • 外装材の下地を自由に組めますので、外装材を自由に選択できます。
  • 耐荷重性能に優れるため、タイル張り、石張り等の重量のある仕上げにも対応できます。
  • 縦胴縁はもちろん横胴縁でも、胴縁方向は自由に選択できます。

4. 熱損失が少ない取付構造

  • 断熱材を貫通する金物の断面積が小さいので、熱損失はほとんどありません。
  • 胴縁およびその支持部材周辺で断熱材の切欠き加工が不要です。
NOIM工法
プラファスディスク ネオマフォーム
従来工法例
ピースアングル

5. 抜群の施工性

  • 胴縁のNOIMディスクへの取付位置およびアンカーの打込み位置の許容範囲が広く、不陸調整機構も備えていますので、さまざまな施工条件に対応が可能です。
  • 断熱材の固定も確実容易です。(ディスクで固定)

6. 地球環境への配慮

  • 断熱材を躯体に接着せず乾式工法で固定しますので、リフォームおよび建物解体時の分別解体が容易です。
  • 外断熱通気工法の効果により、建物の運用エネルギー削減・躯体の耐久性向上により省エネルギーに貢献します。
  • 『ネオマフォーム』はグリーン購入法にも適合するノンフロン断熱材です。

7. 改修工事への対応

  • 下地を自由に選択できますので、様々な外装材と組合せることができます。
  • 施工性を徹底的に追及した工法で、広範囲の施工条件に対応できます。
    ex.アンカーの本数は、仕上げ材により選べ、その打込み位置を自由に選べます。また多少の誤差も吸収できます。
  • アンカーは細い径でも十分な強度を発揮します。穴あけも最小で済み、工事中の振動・騒音も少なくできます。
施工事例・参考納まり図はこちら