• ネオマフォームとは
  • 製品ラインナップ
  • 木造住宅用途
  • 鉄骨造・RC造用途
  • 産業資材用途
  • よくあるご質問

旭化成の断熱材 ホーム > ネオマフォーム > 木造住宅用途 > 省エネ等級別厚さ表


省エネ等級別厚さ表

省エネルギー基準に適合する断熱材の厚さなど関連情報をご紹介します。

高い断熱性能をもつネオマフォームならば、薄い厚さで高い断熱レベルを実現。
断熱等性能等級4を、最も薄い厚さで適合します!
地域別の必要厚さは、以下の表をご覧ください。

ネオマフォーム必要厚さ表

「住宅部分の外壁、窓等を通しての熱の損失の防止に関する基準及び一次エネルギー消費量に関する基準(平成28年国土交通省 告示第266号)」に示される断熱材の熱抵抗(R 値)の基準値を基に算定

  充填工法(軸組) 充填工法(枠組)
1〜2地域 3地域 4〜8地域※1 1、2地域 3地域 4〜8地域※1
R値 厚さ R値 厚さ R値 厚さ R値 厚さ R値 厚さ R値 厚さ
屋根 6.6 132※2 4.6 95 4.6 95 6.6 132※2 4.6 95 4.6 95
天井 5.7 116※2 4.0 80 4.0 80 5.7 116※2 4.0 80 4.0 80
3.3 66 2.2 45 2.2 45 3.6 75※2 2.3 50 2.3 50
外気に接する部分 5.2 105※2 5.2 105※2 3.3 66 4.2 85※2 4.2 85※2 3.1 66
その他の部分 3.3 66 3.3 66 2.2 45 3.1 66 3.1 66 2.0 40
土間床等の外周部の基礎 外気に接する部分 3.5 70※2 3.5 70※2 1.7 35 3.5 70※2 3.5 70※2 1.7 35
その他の部分 1.2 25 1.2 25 0.5 20 1.2 25 1.2 25 0.5 20
  外張断熱工法(軸組・枠組)
1〜2地域 3地域 4〜8地域※1
R値 厚さ R値 厚さ R値 厚さ
屋根 5.7 116※2 4.0 80 4.0 80
天井 5.7 116※2 4.0 80 4.0 80
2.9 60 1.7 35 1.7 35
外気に接する部分 3.8 80 3.8 80 2.5 50
その他の部分 - - - - - -
土間床等の外周部の基礎 外気に接する部分 3.5 70※2 3.5 70※2 1.7 35
その他の部分 1.2 25 1.2 25 0.5 20
※1
 8地域の基準は屋根又は天井のみ。
※2
 いずれも1枚物の製品はないため132mmは66mmと66mm、116mmは66mmと50mm、105mmは60mmと45mm、85mmは
50mmと35mm、75mmは40mmと35mm、70mmは35mmと35mmの2層張りとなります。
尚、85mm及び75mmと70mmはそれぞれ1枚物の95mm、80mmで対応することも可能です。
Get ADOBE(R) READER(R)
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。(無料)
Adobe Readerのダウンロードページ