施工説明ネオマフォームを設計・施工するにあたっての関連情報を各項目でご説明します。

外張り断熱

充填断熱

外張り断熱

〈屋根の施工〉

  • 下部垂木の上に
    下地合板を施工

  • 下地合板の上に
    ネオマフォームを敷く

  • 継ぎ目に
    専用気密テープを貼る

  • 外張り断熱専用ビスで
    通気垂木を施工

    通気垂木から下部垂木までを
    ビスで留めます。

  • 順番に
    通気垂木を施工

    さらにその上に野地板を施工

通気層は一般的に30㎜以上とされています。

〈壁の施工〉

  • 補助桟を付ける

  • 開口部に
    ふかし材を取り付ける

  • 継ぎ目に
    専用気密テープを貼る

  • ネオマフォームを
    柱・間柱に釘で仮留め

  • ネオマフォームの屋外側に透湿防水シートを施工し、
    外張り断熱専用ビスで通気胴縁を施工

通気層は一般的に15㎜以上とされています。
※防耐火認定によっては厚さの制限がありますのでご確認下さい。

ネオマフォームの厚さ、施工部位により、ビスの長さが 異なります。詳細はビスの専用カタログをご参照下さい。

防水気密テープ

  • 外張断熱用ビス:施工面積m²あたり5~7本程度使用します。(ビスピッチ455mmの場合※)   (※ビスピッチは外装材によって異なる場合があります)
  • 気密テープ:施工面積m²あたり3m程度使用します。 副資材の詳細はこちら

〈床の施工〉

  • Jピンを大引に施工

  • ネオマフォームを
    大引間に施工

  • 床合板を施工

  • 床合板の継ぎ目に
    専用気密テープを貼る

〈基礎の施工〉

床断熱か基礎断熱のどちらかを選択して施工して下さい。
但し、床断熱を選択する場合でも土間部(ユニットバスや玄関周り)については基礎断熱をして下さい。
  • 施工前にコンクリートを
    十分に乾燥させる

  • ネオマフォームに
    接着剤を塗布

  • ネオマフォームを基礎に
    貼り付ける

※基礎コンクリートが十分に乾燥してから開始して下さい。

充填断熱

〈屋根の施工〉

  • 1.ネオマフォームの施工前に、支持用の受け材を取付けて下さい。
  • 2.ネオマフォーム屋根用カット品または垂木間のサイズにカットしたネオマフォームを、垂木間に施工して下さい。
  • 3.屋根で断熱層を構成する場合は、棟換気併用を標準としますので、垂木の高さは、30mm程度の通気層がとれる寸法にして下さい。

〈壁の施工〉

  • 1.ネオマフォームを柱間の寸法に合わせてカットします。
  • 2.柱間に隙間ができないようネオマフォームを施工します。

隙間が生じた場合は現場発泡断熱材等を用いて、補修を行ってください。