床仕上げ

床仕上げ材の標準施工仕様

すべての施工方法で床下地の清掃を行ってください。

  • 接着不良の原因となるゴミ等は、掃除機できれいに清掃してください。
  • パネルの乾燥状態をご確認ください。

静かな生活を楽しむためにお奨めしたい床材です。

緩衝材付きフローリング(直張り工法)

1 ユカテックの上に直接、緩衝材付きフローリングを接着施工します。
2 施工方法は各フローリングメーカーの標準仕様に従い、接着剤は各フローリングメーカーが指定する専用接着剤を使用してください。

畳敷き込み

1 湿気防止のために、防湿シート(発泡ポリエチレンシート等)を下地に敷き込んでください。
2 藁床畳では荒板(9×105mm内外)を六角ネジでスノコ状に固定し、その上に畳を敷き込むことをお奨めします。

カーペット・クッションフロアー

合板捨て張り工法(厚さ5.5mm以上)

1 合板はユカテックの目地に掛からないよう乱張りとします。
合板とユカテックの目地が一致すると、目地部で不陸が発生する恐れがあります。ユカテックに合板を予め接着するような工法も同様に、目地部で不陸発生の恐れがあり、お奨めできません。
2 副資材の六角ネジを用いて、下地合板まで貫通させて止めていきます。
3 捨て合板の上に、カーペットまたはクッションフロアーを貼り込みます。

この工法は軽量床衝撃音への効果は期待できません。

木質フローリング

合板捨て張り工法(厚さ9mm以上)

1 合板はユカテックの目地に掛からないよう乱張りとします。
2 副資材の六角ネジを用いて、下地合板まで貫通させて止めていきます。
3 捨て合板にフローリングを、釘と接着剤を併用して止めていきます。

置根太工法

1 ユカテックの上に置根太(20×45mm程度)を、原則として根太と直角又は、根太上に施工します。置根太は接着剤とねじ(ℓ75mm以上)を併用して止めていきます。
2 置根太にフローリングを、釘と接着剤を併用して止めていきます。

※この工法は床鳴りに注意が必要です。

ページ上部へ