人に、街に、地球に調和する、環境に優しい鋼管杭工法「EAZET(イーゼット)」

EAZET旭化成建材株式会社

  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

EAZET土木版サイトへ

建築版ホームよくあるご質問一般編

一般編

Q1
EAZET(イーゼット)工法の開発の経緯は?
A1
研究段階では、鉄骨造プレハブ住宅向けの専用杭としての研究が実施されていました。専用杭としての個別性能評価取得後、一般建築向け杭工法としての改良、性能評価を進め、1994年3月、鋼管杭の無排土回転埋設としての大臣認定を取得しました(旧建設大臣認定)。
Q2
EAZETはこれまでどのぐらいの施工数をこなしていますか?
A2
1994年4月の発売以来、累計の施工実績数は2万5千件を超えております。
Q3
国内どこでも採用が可能ですか?
A3
全国6工場、各地区の販売店、施工店を組織することで、日本全国あらゆる地域での採用が可能です。
(島しょ部、山岳部などでは施工機械の搬出入のため特別の準備が必要となります)
Q4
海外での採用は可能ですか?
A4
海外での施工実績はこれまでのところございませんが、杭材の手配、施工体制の整備等を踏まえて個別の打合せを実施させていただければと思います。
Q5
EAZETの杭素材は何ですか?
A5
杭本体素材としては一般構造用炭素鋼管STK400、及びSTK490、先端羽根部の素材には一般構造用圧延鋼材SS400、等を採用しております。
Q6
EAZETの一般名称は何ですか?
A6
杭工法の新しいジャンルとして位置づけられ、回転埋設方式の特殊埋め込み工法とされていましたが、近年では無排土の回転圧入方式で施工を行う「回転鋼管杭」杭工法の様式として認知されています。しかし、その「回転鋼管杭」は杭径φ400以上を指すことが多く、現在最大本体杭径がφ355.6mmであるイーゼット工法は、「小径回転鋼管杭」と言うことが出来ます。
Q7
EAZETは杭工法の中の分類では何にあたりますか?
A07
回転圧入方式、回転埋設方式と形容することが多くなっていますが、正式な杭の分類として定義付けられるにはもう少し時間を要すかもしれません。
Q8
杭材のジョイントはどのように実施しますか?
A8
イーゼットでは、鋼管杭で一般的な「溶接方式」と、独自に開発された機械式継手方式である「CCジョイント方式」の2種類を運用しております。CCジョイント方式は、カプラー、クリッパー、締結ボルトセット、の3つの部品から構成され、天候や溶接工の技能に左右されることのない鋼管杭接続を、スピーディーに実施することが可能です。
Q9
残土が発生しないとのことですが、杭体積分の土はどこへ行ってしまうのですか?
A9
本体体積分の土は、杭周辺部に押圧され押しのけられます。先端部のみがスパイラル形状をしていることから土が地表に上がってくることはありません(施工開始後しばらくは若干の盛り上がりは発生します)。
Q10
EAZETは施工と杭材料を別途に手配することができますか?
A10
原則できません。旭化成建材の責任施工で、全国の販売代理店を通じて材料・工事一体でお届けいたします。
Q11
EAZETの実際の販売体制はどうなっていますか?
A11
イーゼット工法は材工一式で、全国の販売店を通じて、ユーザー様へお届けしております。
Q12
EAZETの施工は一般の杭打機械で工事が可能ですか?
A12
イーゼットの施工は、イーゼット工法施工のための能力を持つ専用施工機械によってのみ実施されます。また、その施工機械の性能は年々上昇し、バリエーションも豊富になってきております。
Q13
EAZETの納期はどれぐらいですか?
A13
杭材納期は標準杭仕様を選択する場合2週間程度から対応が可能です。可能な限りの在庫対応をすることで、一般の鋼管杭に比べて極めて短納期の対応を実施しております。

お問い合わせ・資料請求

■メールフォームでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
■お電話でのお問い合わせ
各営業拠点によってお電話番号が異なります。お近くの営業所をご紹介いたします

建築版ホームよくあるご質問一般編