人に、街に、地球に調和する、環境に優しい鋼管杭工法「EAZET(イーゼット)」

EAZET旭化成建材株式会社

  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • サイトマップ

EAZET土木版サイトへ

建築版ホームよくあるご質問杭仕様・認定内容編

杭仕様・認定内容編

Q1
EAZET(イーゼット)の杭本体種類はどのくらいありますか?
A1
現在のイーゼット杭仕様では、本体杭材として最小φ114.3mmから、φ139.8、φ165.2、φ190.7、φ216.3、φ267.4、φ318.5、φ355.6mmの8種類の杭種類があります。
Q2
杭本体と杭先端のバランスはどうなっているのですか?
A2
杭先端径は、杭本体の1.8倍〜3.0倍までの間で選択できます。経済的な杭設計提案のために、それぞれの杭本体径ごとに2種類〜6種類の杭先端径を仕様としております。
Q3
杭先端羽根部材の厚みはどのように決定されていますか?
A3
イーゼット杭仕様ごとに、羽根部が受けもつ最大短期荷重において、羽根材の曲げ・せん断力の証査を行って決定しています。
Q4
EAZETの採用できる支持層地盤は?
A4
砂層、砂礫層に加えて、粘性土層を支持層として選択することができます。
Q5
EAZETの杭長の範囲は?
A5
φ267.4mmまでは杭本体径の130倍までの施工杭長となっております。それ以外については製品情報の設計のページをご覧ください。
Q6
杭材はどのような単位で発注可能ですか?
A6
基本的にそれぞれの杭径で、3,4,5,6mという1m単位での発注となります。これ以外の杭長の場合は個別の検討が必要となります。
Q7
イーゼットの地盤から決まる支持力はどのように決定されますか?
A07
国土交通大臣認定の中で、地盤から決まる長期許容鉛直支持力を計算するための各種支持力係数が定められております(先端支持力係数α=300など)。先端支持地盤のN値により簡単に先端支持力を計算することができ、その値に周面摩擦力を加えて1本あたりの支持力となります。

お問い合わせ・資料請求

■メールフォームでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
■お電話でのお問い合わせ
各営業拠点によってお電話番号が異なります。お近くの営業所をご紹介いたします

建築版ホームよくあるご質問杭仕様・認定内容編