遊佐町指定文化財「語りべの館」

「語りべの館」は、約300年前の古民家を解体し、その部材を使って復元した山形県の文化財建造物です。
現代の工法を駆使して、断熱・気密性を高めて作られ、
集会や演奏会、お茶会や文化行事など幅広く活用されています。
この施設の屋根・壁にネオマフォームが外張り断熱工法で採用されています。