RCマンションの工事実例

既存の壁・天井に張り付けるだけの簡単施工で、暑さ、寒さに悩まされない(※)家にリフォームできます。

※個人差があります。

寒さ・暑さを寄せ付けない家へ

外壁・屋根。サッシの断熱性能を高めます

「部屋を広く利用できます」

壁や天井に高性能な「ネオマ断熱ボード」を張り付けることで、従来工法に比べ仕上げ厚さを薄くすることができ、居住空間を広くできます。

ネオマフォーム25mmで等級4※クリア!!
仕上げ厚含め約40mm。部屋を広くできます!!

※ 断熱性能等級4:当分の間使用できる断熱材の熱抵抗の基準値(RC内断熱工法4~7地区)等級4適合のためには、開口部比率等の条件をクリアする必要があります。

K邸断熱ボートを使った事例
Coming Soon

ネオマフォームを使った断熱リノベーション実例

断熱リフォーム概要
断熱仕様
部位 リフォーム前 リフォーム後
天井 断熱材なし ネオマフォーム厚60mm
押出法ポリスチレンフォーム1種 厚25mm ネオマフォーム厚25mm
アルミサッシ単板ガラス
熱貫流率6.51W/(m2・K)
アルミサッシ単板ガラス

後付けインナーサッシ
熱貫流率2.33W/(m2・K)

※建設地:千葉県

「夏にエアコンを少しの時間だけ入れておけば夜中に暑くて目が覚めることがなくなりました。」

ピンクの線で断熱ラインを作りました。冬の寒さ・夏の暑さを遮断します。
図面 / 断熱材(ネオマフォーム)で外壁と天井を覆います。

実際の工事の様子

外壁部分工事図面
屋内工事図面

一旦、内装を解体し、躯体のチェックを行ったうえで、新たに断熱材、内装、インナーサッシを施工します。

古い内装を解体し、RCの躯体をむき出しにします。

古い内装を解体し、RCの躯体をむき出しにします。

天井にネオマフォームを施工します。

天井にネオマフォームを施工します。

壁にネオマフォームを施工します。

壁・天井のネオマフォームの施工が終了しました。

壁・天井のネオマフォームの施工が終了しました。

インナーサッシ設置します。

インナーサッシ設置します。

内装下地材を改めて設置し、内装を施工します。

内装下地材を改めて設置し、内装を施工します。

床暖房も設置しました。

床暖房も設置しました。

クロス張り。

クロス張り。

完成しました。

完成しました。

暖房をしている部屋と他の部屋との温度差が少なくなりました。

一年間の暖冷房に使用するエネルギーに対する断熱効果をシミュレーション※してみました。

年間暖冷房エネルギー消費量シミュレーション
年間暖冷房エネルギー消費量シミュレーション 施工前を100とした場合のエネルギー消費量

※ 本シミュレーションはある一定の条件をもとに算出しています。図中の数値は保証値ではありません。詳細条件についてはお問い合わせ下さい。

本物件は省CO2先導事業に採択され、断熱に関した工事費用の50%の補助を受けました

お客様の声

見た目だけではなく、性能を上げるリフォームを。

築22年91m2の自宅(マンション3階)を断熱リフォームしました。

もっと読む
「私達は外壁工事にとても不安を感じて、2年間悩んでいました」

Coming Soon

効率的な断熱を実現するのは、「ネオマ断熱ボード」です。

ネオマ断熱ボードを詳しく

断熱リフォームのご相談は、
旭化成建材へ。