自動車自動車の断熱化、軽量化、熱マネジメントの向上にネオマフォームが貢献します

自動車の断熱化、軽量化、熱マネジメントの向上に貢献します

断熱性、耐熱性に優れ、軽量性と高強度をバランスよく実現する発泡体、それがネオマフォームです。 次世代自動車における熱マネジメントや軽量化による燃費向上などをはじめとした課題に対し直接的または複合材の素材として、 ネオマフォームはソリューションを提案します。

自動車の多用なニーズにお応えします

直射日光による車内への熱の流入を防ぎます。ヘッドライニング用途シミュレーション

真夏の直射で自動車のルーフ部分は約80℃近くまで上昇すると言われています。 ネオマフォームの断熱性能ならわずか数mmの厚さで直射熱による車内への熱の移動を抑制し、冷暖房エネルギー削減効果が期待できます。

測定・評価・環境基準についての対応

UL-94 V1相当に適合

ネオマフォームは安全性基準であるUL-94 V1に適合※しています。安全性を求める部位への採用にご検討ください。
※UL-94とは
UL-94とはプラスチック材料などの燃えづらさを判定する安全基準です。ネオマフォームはこの試験のうち、垂直燃焼試験グレードV1の基準に適合しています(ただし、ネオマフォームの芯材部分での適合となります)。

改正RoHS指令 (特定有害物質10物質)に適合

ネオマフォームは改正RoHS指令(通称RoHS2)に記載のある鉛、 水銀などの特定有害物質10物質の検査を実施済みでありすべて含有基準値以下であることを確認しています。
※改正RoHS指令とは
RoHSとは欧州連合により定められた特定有害物質の安全基準です。 主に電気・電子機器の使用制限として定められた規格となります。 旧指令は6物質でしたが、現在は改正RoHS指令として10物質に拡張されています。