施工事例

施工事例

木造軸組耐火外壁

【認定番号:FP060BE-0164-1(1),(2),(3),(4)※1】
構造面材より屋外側の仕様:2種類(D仕様・M仕様)の通気構法 

屋外側仕様 超軽量ALC ヘーベルパワーボードNEXT 37mm +【D仕様】不燃系の胴縁9㎜×2枚(又は、12㎜)(大建工業(株)ダイライトMS)+ 強化せっこうボード 21mm 1枚(防水防カビタイプ)/ +【M仕様】強化せっこうボード21mm 1枚(防水防カビタイプ)+ 木胴縁 15mm~18mm

木造軸組耐火外壁 個別大臣認定 概要図

木造軸組耐火外壁 個別大臣認定 概要図【D仕様】

【D仕様】

木造軸組耐火外壁 個別大臣認定 概要図【M仕様】

【M仕様】

通気構法 耐力面材 断熱材の
指定
認定番号
屋外側 屋内側
ヘーベルパワーボードNEXT
【D仕様】
OR
【M仕様】
なし なし グラス
ウール
厚105mm
以下・
24kg/m³
以下
FP060BE-0164
-1(1)
〇 
※4
なし FP060BE-0164
-1(2)
なし 〇 
※4
FP060BE-0164
-1(3)
〇 
※4
〇 
※4
FP060BE-0164
-1(4)

※1 認定の詳細につきましては、弊社発行の設計施工資料及び認定書(写し)をご参照下さい。
耐火建築物にするには外壁のほか、間仕切り、床、屋根、階段などの他の主要構造部も耐火構造とする必要があります。外壁以外の部位については(一社)日本木造住宅産業協会や他の個別大臣認定仕様あるいは建築基準法の告示仕様など、設計者様の責任でご対応いただくようお願いします。

※2 住宅瑕疵担保責任保険の設計施工基準では通気層の厚さは原則15mm以上ですが、構造用合板等(当仕様では強化せっこうボード)を張るなどの断熱材のせり出し防止措置があり、かつ、下地を含む胴縁の釘保持力が確保できる場合は厚さ15mm未満(一般的には12mm以上)とすることができます。但し、フラット35では15mm以上と規定があり、長期優良住宅に必要な劣化対策等級では寸法規定がありません。必要に応じ、所管機関にご確認下さい。

※3 不燃番号NM-1498、NM-1498-1、NM-3964

※4 木質系ボード、セメント板、火山性ガラス質複層板又はせっこうボード

TOP