へーベルデュアルウォール

ヘーベルパネルを下地材として、スパンドレル外装材を取付け可能にした工法です。
内部鉄筋マットを特殊配筋としたヘーベルパネルに、アンカーであるMPファスナーを予め工場で埋設しました。

  • デュアルウォール
  • デュアルウォール

在来工法(貫通ボルト工法)との比較

へーベルデュアルウォール 貫通ボルト工法
防水
性能
独自の防水機構
非貫アンカー
室内側への漏水に対して対策が必要
追従性 変形角1/60で
異常なし
耐震性能未確認
(ボルトの位置によっては、ロッキング性能を阻害するおそれ)
断熱性 非貫通のため
熱橋なし
貫通ボルトが熱橋となる
施工性 室外側作業のみ パネル両面作業
柱裏、梁中等は
施工困難
工程 ヘーベル工事
仕上げ材工事
左記の他
コア抜き、
ボルト取付け
工事
信頼度 一次ピース
(MP金具)まで
請負
責任不明確

※製造は境工場(茨城県)にて行います。西日本エリアでご採用の際は、価格・納期などをお問い合わせください。